保育士試験の合格基準 6割得点できれば合格!

  公開日:2017/05/29
最終更新日:2019/10/23

※この記事は約3分で読めます。

こんにちは、四谷学院の石田です。
保育士試験は、「筆記試験」と「実技試験」があります。それぞれの合格基準について、お話します。

筆記試験はマークシート式

筆記試験は全部で8科目(細かく言えば9科目)あります。

1.保育原理
2.教育原理および社会的養護
3.子ども家庭福祉(児童家庭福祉)
4.社会福祉
5.保育の心理学
6.子どもの保健
7.子どもの食と栄養
8.保育実習理論

マークシートで試験が行われます。

だから、答えが分からなくてもどこか塗りつぶしておきましょう。当たることもあります。

筆記の合格ラインは6割

100点満点のうち、60点以上の得点で合格です。
満点を取る必要はありません。(狙ってももちろんOK!)

全20問の筆記試験の場合は12問正解すれば合格です。

「2.教育原理および社会的養護」は「教育原理」「社会的養護」が別々に行われます。それぞれ50点満点、10問ずつ出題されます。各分野それぞれ30点以上・6問以上で合格です。
もし、片方でも不合格の場合は、次回の試験は両方受験しなければなりません。これが、いわゆる「ニコイチ科目」です。

「教育原理・社会的養護」ニコイチ科目の攻略!

実技試験は2分野選択式

実技試験は、3分野のうち2分野を選択します。出願のときに選んで、あとから変更することはできません。

1. 音楽(弾き歌い)
事前に発表された課題曲2曲を楽器を弾きながら歌います。個別試験です。楽器はピアノ・ギター・アコーディオンから選択

2. 造形(絵画)
保育園での活動の一場面について色えんぴつで絵を描きます。一斉試験です。当日に詳しいテーマが発表されます。

3. 言語(口演・素話)
制限時間内に子どもに向けてお話をします。個別試験です。事前に詳しい課題が発表されます。(例:制限時間3分間、3歳児向け、15人程度、4つの話材から選択など)

実技試験は2分野ともに6割以上の得点で合格です。
それぞれ50点満点なので、各分野で30点をとることができれば合格ということですね。

実技試験 科目の正しい選び方

効率的な学習・練習がポイント

合格基準は6割。
満点を取る必要はありません。
合格ラインを超えることができれば、「保育士資格」を取得することができます。

「できるだけ高い得点を目指したい!」という気持ちもありますが、
「まずは、合格したい!」というのが本音ですよね。

もしもあなたが、「残り1科目だけ対策したい!」「あと2科目だけなんだけど・・・」ということであれば、科目ごとに対策できる四谷学院がおすすめです。

しかも!四谷学院の合格率は、通信講座にもかかわらず全国平均の3倍以上という高い合格率を誇ります。

四谷学院ならば、あなたに合わせた進め方で、効率よく試験対策ができます。自慢の「55段階学習システム(R)」について、詳しくはホームページでご覧ください。


>四谷学院通信講座 保育士講座

 

同じカテゴリの記事  保育士試験情報 保育士試験のお悩み  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはお電話(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ