前の記事 » 
次の記事 » 

自己開示と自己呈示の違いは?

  公開日:2018/04/03
最終更新日:2020/05/08

※この記事は約2分で読めます。

こんにちは、四谷学院です。

似ているけれど、実はちょっと違う用語・・・心理学にもたくさんあります。
このページでは「自己開示と自己呈示」の違いについて解説します。

自己開示と自己呈示の違い

自己開示とは?

自己開示(self-disclosure)とは、自己開示とは自分の内面をありのままに「素直に」表現することと言えます。

自己呈示とは?

自己呈示(self-presentation)とは、表現するものが「偽り」であり自分をよく見せようという「印象操作」が含まれている場合を指します。
なお、「印象操作」は、意図する・しないは、どちらでもかまいません。

たとえば、会社や大学の面接試験では、
「相性を見る大事な機会なので、あなたのありのままを見せてください(自己開示)」と言われたとしても、
面接を受ける側としては、
「自分をアピールして入社・入学したい、自分をより良く見せたい(自己呈示)」をする、というイメージです。

「自己開示と自己呈示」、この2つは明確に区別できるようになっておきましょう。

自己呈示は悪いことなのか?

自己呈示を考えるとき、「偽りの自分を見せる」「印象操作をする」というと、なんだか悪いことをしているような気がするかもしれませんね。

一方で、自己開示は自分の心をオープンにし、感情の表出することによる「浄化」といったよい面があります。
いいたいことをいってスッキリするとか、思うことをストレートにクチにするのでストレスが溜まりにくい、とか・・・

しかし、どこでも「ありのまま」の自分の感情を表出するのは、果たして本当によいことでしょうか?

自己開示・自己呈示の功罪は、生活環境の中の規範や基準に則り、常識的に判断する必要があります。
「開示」することが必ずしも効果的でないこともあるでしょうし、「呈示」することが必ずしも悪いことでないこともあるでしょう。

様々なコミュニケーションのシーンで、これらを状況に応じて使い分けることができたら、より社会に適応的に生きていくことができるかもしれません。

四谷学院の「心理学入門講座」は、初めて心理学を学ぶ方でも、わかりやすい解説で複雑な概念も楽しく理解!
臨床心理士など、心理職へのファーストステップとしても最適です。

くわしくは、ホームページをご覧ください。


 

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  心理学キーワード 心理学コラム 心理学コラム+(プラス)  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはお電話(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ