前の記事 » 
次の記事 » 

チックは大人にも起きる?トゥレット症の違いは?

  公開日:2018/03/29
最終更新日:2020/05/08

※この記事は約3分で読めます。

こんにちは、四谷学院です。この記事では、大人の「チック症」について解説していきます。

チック症の定義

チック症(チック)とは、ある限局した一定の筋肉群に、突発的、無目的に、しかも不随意に急速な運動や発声が起きることをいいます。

小児期から青年期に多く、子どものおよそ10~20%にみられるとも言われています。珍しい症状ではありません。

チック症の種類

具体的な症状
【音声チック】
■単純性音声チック
意味のない咳払い、鼻を鳴らす、舌打ちをする、「アッ」「エッ」などの意味のない発声、など

■複雑性音声チック
汚いない言葉・文句を口にする、耳に入った言葉を繰り返す、独り言が続く、など。

【運動チック】
■単純性運動チック
不自然に多いまばたき、意味もなく首を振る・かしげる、意味もなく顔をしかめる、口を歪める、など。

■複雑性運動チック
近くにあるモノに触れる、蹴る、飛び跳ねる、足をくねくねする、手を動かす、など。

これらはストレスに関連した障害にみられる一種の症状ですが、しかし、この症状が固定・慢性化して激症化するとチック症と診断されます。

大人のチック症とその原因

小児期のチック症は、一過性なものが多く、大人になって自然に消えるということがよくあります。
大人のチック症の原因は様々ですが、小児期のチック症が継続し重症化したり、あるいは再発というケースもあります。ほかの病気や後遺症などが原因となることがあります。

大人のチック症に受診は必要か?

単なる「クセ」と見分けがつきにくいので、なかなか「チック症」である診断がされにくく、自覚はもちろん周囲も気付きにくい疾病です。
「ヘンな癖があるな」
くらいにしか周囲の人も感じない場合もあるでしょう。
そのため、「チック症」は必ずしも受診が必要な疾病ではありません。

しかし、「おかしなクセのために、生活や人間関係に支障が出てしまう」ということであれば、早めに受診してみるとよいでしょう。

トゥレット症候群とは?

トゥレット症候群は、チック症の重症型で、慢性多発性のものを指します。
多種類のチックを併発し、更に1年以上続いているなど、慢性化している場合は、「チック症」ではなく「トゥレット症候群」と診断されます。

フランスの神経科医ジル・ド・ラ・トゥレットによって1885年に報告されました。
そこで、彼の名前をとり、「トゥレット症候群」「トゥレット障害」などと呼ばれます。

四谷学院では、初めて心理学を学ぶ方でも、わかりやすい解説で複雑な概念も楽しく理解!
臨床心理士など、心理職へのファーストステップとしても最適です。
くわしくは、ホームページをご覧ください。


 

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  心理学キーワード 心理学コラム  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはお電話(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ