これからは「保育教諭」免許が有利!?

  公開日:2017/04/04
最終更新日:2017/11/02

※この記事は約3分で読めます。

こんにちは、四谷学院の石田です。
今回は保育教諭について解説していきます。

保育士が「保育教諭」になるための特例が平成31年度末まであります。
これをうまく使うことで、「保育教諭」になるための負担が少なくなります。

そもそも「保育教諭」って?

保育教諭という言葉を聞いたことがありますか?
あまりなじみがないかもしれませんね。

・支援新制度で「幼保連携型認定こども園」の設備運営基準が新しくつくられた。
・職員として「保育教諭」が挙げられている。

簡単に言うと

「保育教諭」≒「幼稚園教諭免許」+「保育士資格」

ということなのです。

保育教諭になるには?

新しい資格試験があるわけではなく、「保育士資格」に加えて「幼稚園教諭免許」を取得することで保育教諭になれます。
つまり、「保育士資格試験」「幼稚園教員資格認定試験」の両方を合格する必要があります。

保育士が幼稚園教諭免許を取得する主な方法
(1)大学等で学ぶ
通学制・通信制、いずれもあります。ただし、学費がネック。
通学だと、通えるところに大学があるか?もポイント。

(2)保育士として3年以上働いた上で、試験を突破
保育士試験と同じように、試験に合格することで免許を取得できます。
まずは保育士としての実務経験が必要。

(参考)文部科学省:平成28年度幼稚園教員資格認定試験の案内

特例制度とは?

冒頭で触れた「平成31年度までの特例」というのは、「1.大学等で学ぶ」で必要な単位数が大幅に減るという特例です。本来、83単位(39単位/+20単位/+24単位)必要なのですが、これがなんと「8単位」でいい!!という特例です。
ただし、平成31年度末、つまり平成32年3月31日までに「3年かつ4,320時間」以上の実務経験が必要です。

「4,320時間」というのは、1日6時間×週5日×月4週×12か月×3年という計算で算出された時間です。ちなみに、2.の試験で資格を取得する場合の勤続経験「3年」も、月120時間以上の勤務が前提です。

この特例が、本当に平成31年度末までなのかはわかりません。(もしかして続くかも??)

今後、「保育教諭」をめぐっては新しい資格認定方法などができるかもしれません。
目下のところ、保育士資格に加えて幼稚園教諭免許をもっていれば、認定こども園は大歓迎です。

四谷学院のパンフレットには、くわしい試験の情報も掲載!
分かりにくいことや迷っていることは、ぜひ受講前にご相談ください。WEB・フリーコールで受付中です。

四谷学院 保育士講座
 資料請求はこちらから

 

同じカテゴリの記事  試験情報  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ