保育士になるには?主婦やサラリーマンでも1年で保育士に!

  公開日:2017/04/24
最終更新日:2017/11/02

※この記事は約4分で読めます。

こんにちは、四谷学院の野本です。

子育て中の主婦の方でも、
サラリーマンの方でも、
退職された方でも、
実はすぐに保育士さんになれるんです。

この記事では、社会人が保育士さんになる方法と、そのポイントをご紹介します。

保育士になる2つの道

主婦や会社員など、会社員の方が保育士さんを目指すには

「保育士の学校に通う」 OR 「資格試験に合格する」

いずれからの道になります。

保育士になるための学校に通う場合、仕事や家事・育児と学校を両立するためには、「夜間・休日コース」のある学校を探したり、学校に通うために、仕事や家事をセーブする必要があります。
家族をはじめとする周囲の方の協力が不可欠です。

そして、何よりも「時間」と「学費」が大きなネックとなります。

すでに大学など卒業されている場合、「資格試験」を受験することで、保育士になることができます。
出身学科は 保育関連でなくてもOK。
ちなみに理系出身、もとエンジニアの保育士さんなんかもいらっしゃいます。

社会人にとっては「資格試験に合格」して保育士になるというルートの方が選びやすいといえます。

保育士試験について

保育士の資格試験は年に数回行われています。
以前は年1回でした。近年、チャンスが増えています。そのうえ、合格率も右肩上がり。

保育士資格は国家資格なので合格すれば一生使える資格となります。
保育士のニーズが高まっている今、まさに有資格者が求められています。

学習期間の目安

学校に通う場合は、通常3年間かかります。
2年制もありますが、かなりハードな毎日を過ごすことになります。
在学中は、現場での保育実習にも参加します。

一方で、資格試験の場合は、最短半年の学習で資格を取得できます。わずか3ヶ月の勉強で合格してしまう方も!
ただし、「5年以上保育士試験に挑戦している」なんてこともめずしい話ではありません。
その結果、せっかく勉強をしても資格を取得できずにあきらめてしまうケースもあるのです。

資格試験に合格して保育士になるためは、短期集中で3年以内に資格を取得することを目標とするのが望ましいといえるでしょう。

保育士の就職活動

就職活動において、養成学校出身者と資格取得者に大きな差はありません。
保育士のニーズが高まるなか、社会人経験をもっていることは、むしろ大きなアピール力となります。

特に都市部では就職セミナーもたくさん行われていますので、あなたの希望にあった職場を選ぶことができます。

<養成学校と資格試験の比較>

養成学校 資格試験
学習期間 2年~3年 最短6ヶ月
費用 200万円以上 10万円程度
就職 学校からの紹介

就職セミナーに参加など

就職セミナーに参加など

社会人は通信講座&資格試験で最短合格

社会人の場合、限られた時間や予算で勉強していきます。

独学の場合、たしかに、最も安くて手軽にはじめられますが、先ほどの例のように、「5年もがんばったけれど合格できずあきらめる・・・」ということになりかねません。
では、どうしたら確実に合格できるでしょうか。

合格のコツは2つあります。

1. 学習期間を決めよう

2. 効率よく勉強しよう

まずは、ゴールを決めましょう。
いつまでもダラダラ勉強してはいけません。

「必ず来年の試験で合格する!」
というはっきりとした目標をもちます。
周りの人に宣言して「背水の陣」で試験の臨む、というのもよいでしょう。

限られた時間で効率的に勉強する

効率的に学習するためにはプロの力を利用することもオススメします。

保育士試験は、浅く広く出題されます。
近年では、子どもに関するさまざまな社会的問題があり、法律の整備が進んだり、資料もたくさん公開されています。
それらを自分だけで集めるにはかなりの労力が必要なんです。

さらに、保育・子どもにかかわる勉強は奥が深く、終わりはありません。
保育士さんになってからも勉強は続きますからまずは、合格すること!!
これを第一目標として効率的に勉強するのが賢い受験生です。

合格者の方からこんな感想をいただきました。
「せっかく高い受講料を払ったんだから勉強しよう!と思った」

これってホントですよね。
大切なお金や時間を無駄にしないためにも、確実に合格できる方法を選んでほしいと思います。

四谷学院では、短期合格を目標にサポートいたします。
まずはお気軽に資料請求から。
受講前の相談や、試験についてのご質問にも答えしています。

四谷学院 保育士講座 
資料請求はこちらから

 

同じカテゴリの記事  筆記試験  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ