保育士のスキルアップのためのオススメ資格・技能

  公開日:2017/05/03
最終更新日:2017/11/02

※この記事は約4分で読めます。

こんにちは、四谷学院の野本です。

保育士としてキャリアを重ねながら、その専門性を高め、持続して働き続けるためには、スキルアップという側面も重要になってきます。

ここでは、保育士さんのスキルアップに役立つ資格や技能を紹介します。

現場で必要なスキルとは

東京都では、実際に現場で働く保育士さんを対象に「どんな知識・技術を身に付けたいか」というアンケートが行われました。

現役保育士が習得を希望している知識・技術
1位「保育実技」
2位「特別な支援を必要とする子供への接し方」
3位「保護者との対応の仕方」
4位「発達心理学」
5位「救急救命」

出典「東京都保育士実態調査結果」平成26年

第1位は「保育実技」でした。
「保育の実技」のなかには、たとえば、「ケンカの仲裁」「好き嫌いをさせない」など子どもにかかわることから、「ピアノが上手になりたい」「絵が上手になりたい」といったスキルアップ系のものまで、幅広く含まれています。

今回は、とくに3位「保護者との対応の仕方」4位「発達心理学」に注目して、おススメの知識・技術をご紹介します。

カウンセリングの技術

3位「保護者との対応の仕方」にも上がっているように、保護者への対応も、保育士の大事なお仕事です。そのなかで、カウンセリングの技術が非常に役立ちます。
カウンセリングとは、問題や悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことですが、専門家以外も身に付けることができる技能です。これによって、子育てに不安をもつ保護者の力になることもできます。

子どもは、自分の気持ちをまだ言葉で上手に表せません。ここでも、カウンセリングの技術を応用することができます。子どもが話しやすい環境をつくったり、保育士が聞き上手になってあげることで、子どもたちが自分の気持ちを素直におとなに伝えることができるようになります。

オススメ講座

四谷学院 心理学入門講座

(オススメの声)
「乳幼児の心理学」や「児童心理」に興味を持っていましたが、独学でやるにしてもテキストも高く、また講座もどこにも無いため、もう一度心理学の基礎を学ぼうと受講を決心しました。 今では子どもとの関わり方もラクになり、楽しく過ごしています。障害の子と接したとしても、療法のことを学んだので、これをヒントに関わるきっかけにもなりました。
S・Hさん(千葉県・保育士)

環境教育の知識

都市部では、土に触ったことがない子どもや虫を怖がる子どもが珍しくありません。そういった子どもたちに自然のおもしろさ、不思議さを感じてもらうことで豊かな感性を育てることができます。

まだ自然の残る地方でも、本来の自然の意味を教えられず、正しい価値を見出せないケースもあります。
地球環境が社会問題となっている今、環境教育の重要性が叫ばれています。

オススメ資格

こども環境管理士

(オススメの声)
子どもたちを取り巻く現代社会において、どの子にも同じように自然環境での体験や感動を伝え、それぞれの成育現場での質の高い、心に寄り添う声掛けのできる人材を育成する目的で認証された資格がこども環境管理士です。将来を担う子どもたちのヒーローになれるチャンスです。
K・Iさん(神奈川県・幼稚園園長)

ペン字・きれいな字

実は、保育士さんは「手書き」が多い職業です。家庭とやりとりする毎日の連絡帳をはじめ、季節の行事のポスター、毎月の「園のお便り」など、手書き文字が見られる機会が多いのです。
これから文字を覚える子どもたちには正しく、美しいを見せたいものです。
また、保護者との信頼関係を築くうえでも、汚文字はいただけません・・・
「字は人なり」
おとなとして、恥ずかしくない字を書きたいものですね。

オススメ講座

四谷学院 ボールペン字講座

(オススメの声)
「この人と大丈夫なの?」と思われないようなおとなっぽい字を目指して受講しました。受講のビフォア・アフターを見せると、周りの人に「おお!」といわれてとてもうれしいです。
K・Yさん(東京都)

英語力

国際化が進み、保育園や幼稚園で外国人の子どもたちも増えてきました。また、低年齢から英語教育をスタートさせる試みも、多くの自治体ではじまっています。

保護者や子どもたちと、英語を使ってコミュニケーションをとれるよう英語力を鍛えておいてソンはありません。

オススメ講座

スラスラ話せる55段階式英会話

(オススメの声)
学ぶべき順番にスモールステップに区切ってあるので非常に学習がしやすいです。また、表現自体は非常に簡単なフレーズが多いのでわからないからと言って嫌になることが無く、無理なく学習できています。日々の仕事や家事が忙しい人にこそ向いていると思います。
O.Aさん(愛知県)

まとめ

保育士という仕事は、子どもの生涯にわたる人間形成の基礎を培う極めて重要な時期に大きくかかわっていくという意味でも、本当に重要でやりがいのある職業です。
自分の能力を100%発揮できるように、自分磨きも忘れずに!!

資料請求は無料です。
お気軽にお問い合わせください。
四谷学院 保育士講座ホームページ

 

同じカテゴリの記事  保育士情報  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ