Q.保育士試験でまた「社会福祉」科目を残してしまいました。どうやったら合格点が取れますか?

  公開日:2018/12/27
最終更新日:2019/01/08

※この記事は約3分で読めます。

こんにちは、四谷学院の野本です。

「社会福祉」の科目は苦労される受験生が多く、四谷学院の通信講座で単科受講される方も多い科目です。
「市販の教材を使っていたが、どうしてもこの「社会福祉」の科目だけ合格できない!!」
というご相談も珍しくありません。

この記事では、「社会福祉」の合格方法についてアドバイスします。

満点を取る方法

残念ながら、四谷学院で学習していただいても、試験本番で100点を取れる確率は低いのです。「え?そんな教材売ってんの、だめじゃん!」とは思わないでください。
理由は、満点を取らせないためのような出題が毎回のようにある科目だからです。

保育士試験に出題されうる、すべての内容を網羅しているテキストというのは、市販ではまずありません。通信講座や通学のスクールでも、作っているところはないでしょう。
ですから、もしあなたが「社会福祉の科目で100点取りたい!」と思っていたら、それは無理とあきらめるのが、実は合格への近道なんです。

保育士試験の合格ラインは60点なのですから!!

合格点を取る方法

「社会福祉」はとにかく、出題範囲が広いです。
子どもや家庭のことだけでなく、社会全体の福祉についてを学ぶ科目です。

四谷学院のテキストは、満点ではなく合格点をとるために必要な情報に絞り込むことを心がけて作成しています。
知らない資料や文章が試験に出てきても良いという考えなのです。
(もちろん試験のあとに調べて、知識を強化することは大切ですが・・・)

その上で、学んだ知識を「どうやって活用して得点できるようにしていくか」を理解していただく教材作りを心がけています。

保育の世界は非常に奥深いものです。
福祉の世界も深く深く(今流行の言葉で言えば”沼”ですね)、はまり込んでいくと、「保育士試験」を忘れてしまいます。

まずは「保育士試験合格」が第1目標ですから、
「社会福祉」にてこずっているということであれば、
「持っている知識をどうやって活用すれば答えを導き出せるか」
という考え方で、復習をしてみると良いでしょう。

もちろん、ほかの科目でも同じように考えていただいて大丈夫です。

頭に地図を描こう

「社会福祉」科目の学習としての到達目標は、「頭の中に福祉分野の地図が描けるようになること」です。
お手元のテキストの「目次」をそれぞれイメージできること、そしてつながりを意識することです。

これができるようになれば、保育士試験「社会福祉」科目の合格は間違いありません!

効率よく着実に学習するには?

「テキストに載っている知識を活用しても解けそうもない」
「一人でそれをするには骨が折れる」
「もっているテキストには目次がない」

そう思った方は、ぜひ四谷学院を頼ってください。

メールで気軽に使える「質問制度」をご活用ください。そして、先生ににたくさん質問をしながら、疑問点や不安を解消して効率よく合格を目指していただきたいです。特に、家事や育児、お仕事も忙しい方であれば、通信講座がうってつけです。

スキマ時間をうまく使って勉強し、気になったことはスマホで質問!
もちろん、メールは24時間受け付けていますよ。

保育士講座について詳しくはホームページをご覧ください。

四谷学院の保育士講座の合格率は、全国平均を大きく上回ります!

 

同じカテゴリの記事  社会福祉 保育士試験のお悩み  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはお電話(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ