11月は「乳幼児突然死症候群(SIDS)」の対策強化月間です

  公開日:2017/11/03
最終更新日:2018/12/24

※この記事は約2分で読めます。

こんにちは、四谷学院の石田です。

11月は「乳幼児突然死症候群(SIDS)」の対策強化月間です。

厚生労働省ホームページ

乳幼児突然死症候群(SIDS)は、冬期に発症しやすい傾向にあります
そのため、毎年11月は乳幼児突然死症候群(SIDS)の対策強化月間として定められています。

乳幼児突然死症候群(SIDS)は、予兆がなく、また既往歴もまったく関係ありません。原因の分からない病気です。
窒息などの事故とは異なるものとして区別されます。

3つのポイント
■1歳になるまでは、寝かせる時はあおむけに寝かせる
■できるだけ母乳で育てる
■保護者等はたばこをやめる

保育士試験での出題例

平成29(2017)年 前期試験「子どもの保健」問20

次の文は、乳幼児突然死症候群(SIDS)に関する記述である。適切な記述を一つ選びなさい。

1 SIDSは、原則として1歳未満の児に突然の死をもたらした症候群である。
2 SIDSの診断は剖検および死亡状況調査に基づいて行うが、やむをえず解剖がなされない場合でも状況から診断する。
3 仰向け寝は、SIDS発症の危険因子である。
4 母乳栄養は、SIDS発症の危険因子である。
5 SIDSは、窒息が死因である場合も含まれる。

答え:1

正しい知識で、正しい保育を行いましょう。

四谷学院では『解答力』を磨きます。
くわしくはホームページをご覧ください。

 

同じカテゴリの記事  保育士筆記試験 子どもの保健  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはお電話(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ