保育士試験の受験科目は?合格基準は?

こんにちは、四谷学院の石田です。

保育士養成学校に通えば、卒業と同時に有資格者となりますが、保育士試験に合格すれば、専門の学校に行かなくても「保育士資格」を手に入れることができます。

保育士試験は、年に何回か実施されます。「筆記試験」「実技試験」に分けて行われますが、実技試験のすべての科目に合格してはじめて、実技試験を受験することができます。

筆記試験の科目と合格基準

筆記試験は全部で8科目あります。
各科目において、満点の6割以上得点できれば合格です。

科目ごとに合格が認められます。

科目満点合格ライン
保育原理100点60点
教育原理50点30点
社会的養護50点30点
子ども家庭福祉(児童家庭福祉)100点60点
社会福祉100点60点
保育の心理学100点60点
子どもの保健100点60点
子どもの食と栄養100点60点
保育実習理論100点60点

 

「教育原理」および「社会的養護」が、同筆記試験にて両方とも満点の6割以上得点したものを合格とします。(片方のみ6割以上得点した場合、次回の試験でも両方受験する必要があります。一方の科目だけ免除になることはありません。

実技試験の科目と合格基準

実技試験では「音楽」「造形(絵画制作)」「言語」の3分野のから、2分野を選択して受験します。

科目満点合格ライン
音楽50点30点
造形50点30点
言語50点30点

 

保育士試験の受験申請(出願)をする時点で実技試験の科目も選択しなければいけません。
その後、変更することはできませんから、慎重に選びましょう。

【参考】「実技試験 科目の正しい選び方」

なお、実技試験の採点基準は公表されていません
ただし、「受験申請の手引き」には、各科目の課題について「求められる力」が明記されています。
これらをふまえて、「保育士とは何か」「どんな保育士が求められているのか」ということをよく理解し、実技試験の練習に生かしてきましょう。

四谷学院の合格率は全国の2倍以上!

高い合格率を誇る四谷学院通信講座。
あなたの合格をサポートします。

教材やカリキュラムについて、くわしくはホームページをご覧ください。
無料で資料もお送りしています。

四谷学院 保育士講座ホームページ