保育士になりたい!勉強をはじめる前にやっておきたいこと

  公開日:2017/05/15
最終更新日:2017/11/02

※この記事は約4分で読めます。

こんにちは、四谷学院の石田です。

「保育士になる!」と決めたあと、
何からスタートしますか?

教材や講座選び?
合格体験記で合格のコツを知る?
いきなりテキストを読みはじめる?

いえいえ、まずはスケジュールチェックです。
多くの合格者を送り出してきた石田より
勉強をはじめる前にやっておきたいことを
お伝えいたします。

次回の試験はいつ?

まずは試験日と出願期間をチェックしましょう。
試験日のみチェックする方、実は多いんです。

でも、保育士試験は3ヶ月以上前に出願がはじまります。
「試験はまだ先!」とのんきにしていて、
出願できず受験できなかった・・・ではモッタイナイ!
出願期間もチェックしておきましょう。

試験は、お住まいの都道府県以外でも受験することができます。

「隣県の方が会場が近い」
「実家から受験に行きたい」

などなど、希望にあわせて受験地を選ぶことができます。

ただし、残念ながら具体的な会場は事前に発表されません。
前回試験と同じとも限りません。

「てっきり近くの●●大学だと思っていたのに」
「今年は、遠くの■○センターに変更になってしまった」

なんてこともあります。

こればかりは、運。
もしかして、ここから受験ははじまっているのかも?!

確保できる学習時間は

次に、勉強にあてられる時間を計算してみましょう。

朝ちょっと早起きして30分、夜寝る前に30分、
移動時間で30分、子どもの昼寝中に45分、などなど

ライフスタイルによって合計時間も、1日の勉強回数も変わりますよね。

だいたい1日何分勉強できるか、を確認しましょう。

ちなみに、四谷学院では1日45分。お休みの日はちょっと多めに勉強できれば
1科目あたり1ヶ月で一通りの学習が終わるカリキュラムです。
全部で8科目とカウントするので(ニコイチを1科目とします)
8ヶ月あれば全科目一発合格がねらえます。

もちろん、1日の学習時間を増やせば、学習期間は短縮されますので、
なんと、5ヶ月で一発合格した先輩もいますよ。

試験日と、学習できる時間がわかれば、
どんな風に試験対策を進めていくべきかが見えてきます。
ここがスタート!

学習教材・講座を選ぶ

学習の進め方によって、ぴったりの学習教材が変わってきます。

パターン1:試験日まで近い
パターン2:試験日まで遠い

この場合は、独学は要注意です。

パターン1の場合は、効率的に勉強しないと、試験に間に合いません。
とにかく試験まで時間がない場合には、ポイントをしぼった勉強が大切です。

パターン2の場合は、ダラダラ勉強しがち。
長期間の勉強になる場合には、しっかりしたスケジュール管理が必要です。

「ポイントをしぼった勉強」「スケジュール管理」
どちらも独学では高いハードルになりがちな部分です。

もちろん、これまでいろいろな資格試験を受験してきた方や、
すでに独学で学習をした経験がある場合は、別ですが
初受験の方や学習にブランクがある方、独学はちょっと待った!
よくある受験生の声をお読みください。

保育士になるのが夢のQさん
どうしても合格できない科目がでてきて
いつまでたっても資格が取れない。6年目…
とりあえず独学ではじめたLさん
何から手をつければいいか分からず、
全科目で数問足りず、不合格。

 

本当に・・・毎年毎年、たくさんの方からいただく声なんです。涙
もちろん独学にもメリットがあります。

せっかく勉強するのだから、合格して欲しい!
だから、いきなり学習をはじめるのではなく、
本当にご自身にあった学習は何か?
考えてみてることを、強くオススメします。

無料で資料はお送りします。
まずは、比較検討してみてください。

四谷学院 保育士講座
資料請求はこちらから

 

同じカテゴリの記事  保育士情報  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ