試験前にチェック!「保育実習理論」で出題されやすい絵本・昔話のタイトルと作者名

  公開日:2017/04/17
最終更新日:2017/11/02

※この記事は約8分で読めます。

こんにちは、四谷学院の谷村です。

「保育実習理論」科目の頻出問題に絵本や昔話に関する知識問題があります。
もちろん、本やお話は数限りなくありますので、すべてのタイトルを試験前に詰め込むのはムリ!
とはいえ、毎回1-2問の出題がありますので、捨ててしまうのはもったいないですね

この記事では、そんな絵本や昔話に関する出題への対策をお伝えします。

出題形式を確認しよう

「保育実習理論」科目では、さまざまな絵本についての出題があります。
具体的な問題を見てみましょう。

(平成28年後期試験 より)
問14 次のうち、幼年童話の作品と作者の組み合わせとして正しいものを○、誤ったものを×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 『いやいやえん』  ――  中川李枝子
B 『ちいさいモモちゃん』  ――  松谷みよ子
C 『エルマーのぼうけん』  ――  ルース・スタイルス・ガネット
(Gannett, R.S.)
D 『ロボット・カミイ』  ――  エリック・カール(Carle, E.)

(組み合わせ)

A B C D
1 ○ ○ ○ ×
2 ○ ○ × ×
3 ○ × ○ ×
4 × ○ × ○
5 × × ○ ○

正解:1

(平成27年試験 より)
問15 次の【事例】を読んで、【設問】に答えなさい。
【事例】
保育所に勤務しているM保育士は、2歳未満の幼児を担当しています。
「子どもたちが絵本を介して、言葉に親しみ、言葉を使うことを楽しむ」ことを保育のねらいとし、このねらいを達成するために、2歳未満の幼児に合った絵本を選ぶことにしました。

【設問】
この【事例】をもとに考えた場合、2歳未満の幼児を対象とした絵本として適したものを○、適していないものを×とした場合の正しい組み合わせを一つ選びなさい。

A 『がたん ごとん がたん ごとん』 安西水丸(作)
B 『だるまさんが』 かがくいひろし(作)
C 『さんまいのおふだ』 水沢謙一(再話)梶山俊夫(画)
D 『たべたの だあれ』 五味太郎(作)
E 『ごんぎつね』 新美南吉(文)箕田源二郎(絵)

(組み合わせ)

A B C D E
1 ○ ○ ○ × ×
2 ○ ○ × ○ ×
3 ○ × × ○ ○
4 × ○ ○ × ○
5 × × ○ ○ ○

正解:2

出題を見てもお気づきになりましたか?
タイトルと作者名を暗記するだけでは正解することができないのです
逆に言えば、子どもの頃に実際に読んだことがあったり、本屋さんなどで表紙を見たことさえあれば、答えられる問題も多く出題されているんですね。
特に造形技法については、図書館や書店などで実物を見てチェックが必須です。
勉強の息抜きも兼ねて、図書館や本屋さんで絵本をチェックしてみましょう。

出題を予想するのは不可能です

「出題される絵本を紹介してください」
という声を受講生の皆さんからいただきます。
確かに知りたいですよね?
でも、保育園で読まれている絵本はものすご~~~~~~くたくさんあります。
その全部をご紹介することになっちゃいます・・・
どれもこれも出題される可能性はあるので
「これだけ覚えれば大丈夫!」
と言い切れないのがつらいところです。

ただし、出題の傾向が変わった平成24年頃の試験からはある程度限られた範囲から出題されているようです。

<主な出題>
・本の作者・著者の名前を問う問題
・絵本で使われる絵画技法を問う問題
・読み聞かせの際の注意点を問う問題

年間、児童書は約4800冊、絵本は約2300冊も出版されています。
新しい本がドンドンうまれていますから、タイトルをすべて暗記するには多すぎます。
保育士試験対策として、過去問題はただ解き採点するだけではなくて、出題傾向の分析にも活用するのが賢い受験生です
一人では難しい・時間が限られている場合には、保育士試験対策テキスト等を有効に活用して傾向を把握した上で、書店や図書館でチェックすると効率的です。

「○×組み合わせ方式」を攻略しよう

四谷学院としては、「効率よく、試験対策をして欲しい」といつも考えています。
そこで、ぜひ覚えておいて頂きたいこと!

 組み合わせ方式を活用する 

すべてのものを暗記しておく必要はない!ということです。
具体的にどういうことが説明しますね。

一緒に選択肢に注目してみましょう。

A B C D
1 ○ ○ ×
2 ○ × ×
3 × ○ ×
4 × ○ × ○
5 × × ○ ○

Aの答えに注目してください。
これが「○」とわかったとします。
すると、Dの答えは「×」です。

Dの選択肢を見なくても、自動的に「×」になりますよね?
その組み合わせしか、選択できないんです。

これが「組み合わせ方式」を最大限活用するということです。

保育士試験の問題は「○×問題」の集合に見えますが、実はそうじゃないんです。
選択肢が「○×の組み合わせ」になることで難易度がぐっと下がるのです。

絵本の問題について言うと、
主なお話をしっかりと覚えておけば、たとえ出題されたお話がすべて知っていなくても、選択肢の組み合わせから正解できる可能性が高いのです。

このテクニックは、ほかの問題、ほかの科目にも広く応用できますから、覚えておいて損はないでしょう。

おさえておくべき主なお話のリスト

ここではタイトルと作者名と、覚えておいて欲しいポイントを紹介します。

おさえておくべき 主な絵本

『はらぺこあおむし』エリック・カール ※コラージュの技法
『うたがみえる きこえるよ』エリック・カール
『パパ、お月さまとって!』エリック・カール
『スイミー』レオ・レオニ ※スタンピングの技法
『あおくんときいろちゃん』レオ・レオニ
『フレデリック』レオ・レオニ ※コラージュの技法
『ひとあし ひとあし』レオ・レオニ
『きりのなかのサーカス』ブルーノ・ムナーリ ※トレーシングペーパーの特性を活用した描画方法
『ちいさいおうち』バージニア・リー・バートン
『いたずらきかんしゃ ちゅうちゅう』バージニア・リー・バートン
『マイク・マリガンとスチーム・ショベル』バージニア・リー・バートン
『おおきな木』シェル・シルヴァスタイン
『ぼくを探しに』シェル・シルヴァスタイン
『おじいさんのランプ』新美南吉
『手ぶくろを買いに』新美南吉
『ごんぎつね』新美南吉
『ぐりとぐら』中川李枝子(作)、山脇(旧姓:大村)百合子(絵)
『いやいやえん』中川李枝子(作)、山脇(旧姓:大村)百合子(絵)
『そらいろのたね』中川李枝子(作)、山脇(旧姓:大村)百合子(絵)
『おしいれのぼうけん』古田足日(作)、田畑精一(イラスト)
『ロボット・カミイ』古田足日(作)
『大きい1年生と小さな2年生』古田足日
『いないいないばあ』松谷 みよ子(文)、 瀬川 康男(絵)
『モモちゃんとアカネちゃんの本』※シリーズ 松谷みよ子
『おふろでちゃぷちゃぷ』松谷みよこ子(文)、 いわさきちひろ(絵)
『ぼくのくれよん』長新太(作・絵)
『おしゃべりなたまごやき』寺村輝夫(作)、長新太(絵)
『キャベツくん』長新太(作・絵)
『からすのパンやさん』加古里子(作)
『だるまちゃんとてんぐちゃん』加古里子(作)
『おつきさまこんばんは』林明子(作)
『こんとあき』林明子(作)
『はじめてのおつかい』筒井頼子(作)、林明子(絵)
『おふろだいすき』松岡享子(作)、林明子(絵)
『はけたよはけたよ』神沢利子(作)、西巻茅子(絵)
『ふらいぱんじいさん』神沢利子(作)、堀内誠一(絵)
『くまの子ウーフ』神沢利子(作)、井上洋介(絵)
『きんぎょがにげた』五味太郎(作)
『みんなうんち』五味太郎(作)
『100万回生きたねこ』佐野洋子(作・絵)
『おじさんのかさ』佐野洋子(作・絵)
『どうぞのいす』香山美子(作)、柿本幸造(絵)
『おばけのてんぷら』せなけいこ(作・絵)
『わたしのワンピース』西巻茅子(作)

おさえておくべき 主な童話・昔話
※複数のバージョンの絵本があり、お話の結末が異なる場合もあります。

『3びきのこぶた』イギリスの童話
『ジャックと豆の木』イギリスの童話
『おおきなかぶ』ロシアの民話
『てぶくろ』ウクライナの民話
『スーホの白い馬』モンゴル民話
『三びきのやぎのがらがらどん』ノルウェーの昔話
『アリとキリギリス』イソップ寓話
『うさぎとかめ』イソップ寓話
『きたかぜとたいよう』イソップ寓話
『赤ずきん』グリム童話
『おおかみと7ひきの子ヤギ』グリム童話
『金のがちょう』グリム童話
『眠り姫』グリム童話
『白雪姫』グリム童話
『シンデレラ』グリム童話
『ヘンゼルとグレーテル』グリム童話
『みにくいあひるの子』アンデルセン童話
『人魚姫』アンデルセン童話
『マッチ売りの少女』アンデルセン童話
『ふるやのもり』日本の昔話

高い合格率は、確かな分析力の証です。
保育士試験合格率は、全国平均の2倍以上!
くわしくはホームページをご覧ください。無料で資料をお届けします。

四谷学院 保育士講座ホームページ

 

同じカテゴリの記事  保育実習理論  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ