保育実技 やるとやらないとでは大違い!試験1週間前にやるべきこと【音楽編】

  公開日:2017/12/04
最終更新日:2018/11/26

※この記事は約5分で読めます。

こんにちは、四谷学院の石田です。

保育士試験の最終関門、「実技試験」。筆記試験よりもドッキドキ。緊張の試験です。そういった不安もあって、「直前期は何をやるべきですか?」というご質問が多くいただきます。

そこで・・・これはやっとこう!という内容をまとめました。今回は「音楽」です。1週間でもできることを集めてありますので、ぜひチェックしてくださいね。

以下の記事もあわせてチェックしておいてください!

音楽は笑顔!笑顔!笑顔!で合格!実技試験の攻略ワザ

知らなきゃソンする!実技試験の3つのポイント

楽譜の準備

当日は、「楽譜の持込み」が認められています。これまでともにがんばってきた「相棒」ともいえる、楽譜。忘れずにもっていきましょう。

そして・・・・楽譜は、台紙に貼りましょう。
空調の風が吹いて「ぴら~~ん」と落ちてしまうかもしれません。厚紙などの台紙にのりで貼り付けることをオススメします。
楽譜を、厚手のクリアファイルに入れておもちになる方もいますが・・・光が反射してしまって、楽譜が見えにくいこともあるんです。ですから、クリアファイルには入れず、紙の台紙に貼り付けることをおススメしています。
楽譜冊子を使っている方は、以下の2つのいずれかの対策をしておきましょう。

(1)コピーして台紙に貼る
(2)めくれないようにクリップで留める

よくある質問:楽譜をチェックされる?

これまでの試験においては、受験生の楽譜はチェックされません。「楽譜に書き込みがあると減点される」というのは都市伝説と考えてよいでしょう。

・「気をつけるポイント」が書き込んである
   例:「ゆっくりと」「息つぎ!」など
・演奏コードごとに色分け
・笑顔が出るように家族の写真を貼った、イラストを描いた
・練習しすぎでボロボロ

こんな楽譜でもまったく問題はありません!むしろ「よく工夫しているな」「たくさん練習したんだろうな」と好感を持たれるくらいだと思いますよ。

何はさておき、「大切な楽譜を絶対に忘れない」ように、前日の荷づくりの際には十分気をつけましょう。

イス・譜面台のベストの位置を覚えておく

自宅で練習する際に「ベストの姿勢」を最終チェックしましょう。
高さはこのくらい、距離はこのくらい・・・と体感を意識してみましょう。「距離は握りこぶし2個分、足の角度は90度」など、具体的なイメージを持っておくと、当日、できるだけ練習と近い姿勢で歌えますよ。

チェックポイント(ピアノの場合)
1)腕の角度
2)鍵盤との距離
3)ひざの高さ
入室して、あいさつをし、荷物を置いたら、必ずイスを調整してください。
前の人が調整したままになっていますので、自分に合わせて直します。

1-2分かかってもまったく気にすることはありませんので、マイペースにイスのチェックを行いましょう。
おかしな姿勢で弾いたために、いつもはしないミスを連発・・・となったら、後悔しても仕切れませんからね。あわてる必要はありません。

よくある質問:グランドピアノで弾くことになったら?

普段の練習と変わりません。大丈夫です。
「グランドピアノで弾くこともあるかもしれない」という心の準備だけしておきましょう。

グランドピアノを弾くことになった場合には、弾き始める前に譜面の距離もチェックしてくださいね。譜面台が遠いと、楽譜が見えにくいかも知れません。楽譜を大きめにコピーしておく対策が必要です。
譜面台はスライド式なので近寄せることも可能です。譜面台の調整が分からないときには、試験監督に「譜面台を動かせますか?」と聞けばOKです。

よくある質問:発声練習はできるの?

「受験の手引き」にも記載のとおり、試験会場では発声練習ができません。
そこで、特に「音楽」「言語」の2分野を受験する場合には、自宅で発声練習をしてから出発してください。
ガイダンス後、いきなり試験!という可能性があります。(試験自体も短いので、トップバッターでなくても「いきなり」という感じになりますよ。)

試験1週間前からは、普段の練習も「午前中」にシフト!
お仕事がある方も、朝ごはん前に1曲歌っておきましょう。朝の自分のノド、声の様子を把握して、試験でベストが尽くせるように万端にしておきましょうね。

うがい・手洗い・十分な睡眠

実技試験は一発勝負。心身ともにベストにして試験に臨みましょう。

特に「歌唱」のためには、ノドが大切です。うがい・手洗いを徹底して、直前期は大事にしてあげてください。外出時にはマスク必携です。

【参考】
当日の持ち物【実技試験・編】

【決定版】保育士試験 当日の持ち物リスト【実技試験・編】

万が一、忘れ物があっても、落ち着いて行動をしましょう。
受験票など、「絶対に忘れてはいけないもの」を忘れてしまったり落としてしまった場合でも、何とかなります。試験会場には「本部」が設置されていますので、すぐに問合せに行きましょう。

四谷学院では、実技試験対策にも力を入れています。
あなたの合格を応援します!

四谷学院 保育士講座 
実技試験対策

 

同じカテゴリの記事  保育士実技試験 実技試験-音楽  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはお電話(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ