音楽は笑顔!笑顔!笑顔!で合格!実技試験の攻略ワザ

  公開日:2017/05/18
最終更新日:2017/08/29

※この記事は約3分で読めます。

こんにちは、四谷学院の石田です。

実技試験「音楽」は、ピアノやギターを弾きながら歌う試験です。
「子どもたちに歌って聴かせること」を想定して試験が行われます。
「歌唱」がメインの試験と考えてよいでしょう。

この記事では、「どんな風に歌えばいいの?」という疑問にお答えします。

おススメの歌い方

歌い方にもいろいろありますよね?

合唱団のように歌う
カラオケのように歌う
子守唄のように歌う

スバリ・・・試験では
うたのおねえさん うたのおにいさんを目指してください。

「え~カラオケと一緒でしょう?!」
と思われる方がいるかもしれませんが、大きく違うところが1つあるんです。

わかりますか?

それは



「笑顔」です。

思い浮かべてみてください。合唱団のみなさんは、マジメな顔で歌います。ロック歌手の方は、眉間にしわを寄せて歌います。
でも、うたのおねえさん、おにいさんはいつだってキラッキラの笑顔。表情豊かに歌うから、声を聴いただけでも「あ!笑い顔で歌っている!」とわかりますよね。

添削指導で多い注意点

四谷学院には、実技試験の添削指導オプション講座があります。
皆さんから撮影していただいた動画を見てチェックをして具体的なアドバイスをします。

  • 正しいテンポ・音程で歌えているか?
  • 歌詞ははっきり聞き取れるか?
  • 声は良く出ているか?
  • 笑顔で歌えているか? などなど

最後の項目、「笑顔で歌えているか?は、四谷学院で一番大事にしている項目なんです。
しかし、先生からの注意が多いのも、この「笑顔」の項目。

皆さん、緊張しちゃいますよね。
「笑え」といわれてもほっぺがピクピクしちゃいますよね。
「笑顔」にも練習が必要です。
試験前1ヶ月間、鏡に向かって笑顔の練習をしましょう。

笑顔の練習方法

おとなになると「笑顔」が下手になります。
スクーリングにスタッフとして参加した際、私も「にっこり感じのいい(と思われる)笑みを浮かべてみました。が、先生からは「笑顔が足りない!」と一喝。
で、鏡を見てみました。大きく笑っているつもりでも微笑。かすかにわらう、と書いて微笑。悲しいです。顔の筋肉が退化しているのか、と疑うレベルです。

みなさんはだいじょうぶですか?

思いっきり笑って、鏡でチェックしてみてください。

  • 口角は上がっていますか?
  • 目じりは下がっていますか?
  • 目の奥は笑っていますか?

子どもたちは、ぶっちょう面の保育士さんより、
いつもニコニコ笑っている保育士さんの方がずっとスキですよ。

さあ、今日から笑顔の練習をスタートさせましょう。
朝、顔を洗ったらニコ!
歯を磨いたらニコ!
窓ガラスにニコ!

家族やお友達に「最近、機嫌良いね。」なんていわれるかもしれません。
せっかくですから、「ど、どうしたの?宝くじでも当たった?」
と聞かれるくらいの大きなスマイルを目指しましょう。

四谷学院では実技試験対策にも、チカラを入れています。
不安の大きい実技試験。自信をもって試験に臨めるように、しっかり準備しましょう。
くわしくはホームページをご覧ください。

四谷学院 保育士講座
実技試験対策

 

同じカテゴリの記事  実技-音楽  

 

このページの先頭へ