四谷学院通信講座

最短で保育士試験に合格するために、8月から学習を始めましょう!|保育士講座|通信講座・資格取得なら四谷学院通信講座

最短で保育士試験に合格するために、8月から学習を始めましょう!

8月から始めて、最短合格する場合は、2020年4月の前期試験が目標です。
四谷学院なら、1日45分の標準学習ペースでちょうど4月の合格が目指せます。さらに標準学習ペースで進めても多少余裕がありますから、急な体調不良などで思うように勉強が進まなくても試験に間に合います。

こちらがオススメの理由です!

8月スタート→最短合格のスケジュールは?!

8月~3月 学習スタート!保育の科目は全8科目。四谷学院ならではの55段階の流れに任せ、日々やることを少しずつ進めればOK!
毎日同じように進められないこともあるけれど、休みの日には復習や貯金を作りながら進める余裕も。
4月 直前期は過去問で総仕上げ!実力が付いたことを実感しながら、下旬の筆記試験本番に臨む
5月
6月
筆記試験合格者だけがチャレンジできる実技試験。筆記試験が終わったら一気に実技試験の対策モードに。
7月 実技試験本番。保育士になったつもりでのびのびチャレンジ!

8月に学習開始し、最短試験で一発合格した方の声はこちら!

矢野

矢野(長崎県)※合格当時のお話です。

――学習をスタートされたきっかけは何ですか?
自分の子どもが手を離れてきて、赤ちゃんや小さい子を見るたびに「お世話したい・・・!」という欲求が出てきたのがきっかけです。

――手を離れてきたとはいえ、矢野さんは仕事と子育てと両立しながらの学習。かなり大変だったと思います。どのように進められましたか?
子供がいるので、早朝一時間を勉強時間にあてて頑張りました!もちろん仕事 で疲れていたり、子供が風邪をひいたりして、できない日もありましたが、四谷学院の演習トレーニングでスケジュール管理していただいていたので焦ることなく続けることができました。また、スケジュールに負けないように少しでも先へと思い、頑張りました。

――標準学習期間ピッタリの、理想的な学習スタイルでした!
試験対策における座右の銘は「今やらずしていつやるの?!」。あきらめなければ、必ず努力した分が力になっているはずです。毎日コツコツが一番の近道です。

――すばらしい!日々の努力を自信に試験を迎えられそうですね。
でも、試験会場では、みんなすごい人に見えてしまって、私なんか受かるのかと不安になりました。合格したときは「信じられない!!!」という気持ちでした。

――確かに、試験会場の独特の空気に押され、本番の力を発揮できないケースも特に実技試験ではよくあります。実技試験対策として役に立ったのは何ですか?
実技対策は選択した言語と造形のうち、言語は、その年の課題が決まっています。その課題について、先生によるビデオでの例もありとても参考になりました。

――矢野さんは早速就業されたとのこと。実際の子育て経験もおありで、さぞ頼りになる保育士さんとして活躍されていると思います。今後もいっそうのご活躍をお祈りいたします!