前の記事 » 
次の記事 » 

「雨にぬれないように、気をつけて」は英語で言うと「s●●● ●●y」

  公開日:2018/05/16
最終更新日:2020/07/13

※この記事は約5分で読めます。

みなさんこんにちは、すらすら話せる55段階式英会話のJuneです。

今日は、日常会話で「へー!」と思った、便利な表現をお伝えしたいと思います。
これから暑くなったり、雨がふったり・・天気が変わりやすくなりそうですよね。
まさにこの季節、おぼえたら明日からすぐに使える、便利な表現を集めました
ささっと語彙力アップしちゃいましょう♪

雨の日に「ぬれないように気をつけて」って、英語で何て言う?

だんだん梅雨のシーズンに入っていきますが、雨は年中ふりますよね。
「ぬれないように、気をつけてね」と英語で声をかけたい
そんなとき、あなたなら何ていいますか?

「気をつけて」は、be careful ・・?
「ぬれないように」は don’t get wet・・?

なんだかどっちも、命令してるみたい・・?

ネイティブはこう言います。

★「ぬれないように気をつけて」は英語で?(クリックして正解を見る)
stay dry

なんと動詞の「ステイ」と、みんな知ってる「ドライ」をつかった表現でした。
(こんな簡単なのに、わかんないもんですよね・・)

stay のコアの意味は、「そこにとどまる」ということです。
keepのイメージと共通する部分がありますね。

「Stay dry.」は、写真のMarissa先生が、雨の日に帰っていく生徒さんに対して言っていたんです。

日本語では「乾いたままでいてね!」なんていいませんから(笑)、非常にネイティブらしい表現だなァ、と妙に感心してしまいました。

そこで、他にも「stay」を使った便利な表現がないか、探してみました
ぜひ一緒に見ていきましょう。

動詞「stay」+形容詞の、短くて便利なフレーズは?

stayひとつで、いろいろなことがいえます。
とても短いので、すぐ覚えて、すぐつかえるようになりますよ。

stay dryと同様、stay + 何かでいくつも表現があります。

①stay cool
「涼しくしててね(暑さにやられないようにね)」

暑いシーズンに、使ったりします。

no name
「Have a good day. Stay cool!(良い1日を。暑さにやられないようにね!)」
no name
「Thank you, you too!(ありがとう、あなたもね。)」

また、coolは「冷静でいる、落ち着いている」という意味もあるので、とくに暑くない日でも別れ際に「stay cool.」と友達などに声をかける人もいます。

さて、cool(涼しい)の逆は warm(あたたかい)。
warmもstayと組み合わせてあいさつに使えます

no name
「Stay warm!(あったかくしててね)」

あいさつに使える便利フレーズ
●Stay cool.
●Stay warm.
●Stay dry.
※stay を keep に換えてもOKです

②stay strong
「がんばってね / 気を強くもってね」

英語で「がんばって」といえば、「Good luck.」「Break a leg.」などが挙げられます。
でも、こちら「Stay strong.」は、より深刻な場面で「気を強くもってね」と励ますフレーズです。
病気の友人・家族と話すときのイメージです。

震災後に寄せられたメッセージの多くに、この言葉が多くあっそうです。

③stay still
「そのまま(動かないで)/ じっとして」

ペットの写真をとりたいとき、「あ~、動かないで!じっとしてて~」って思いますよね。
はたまた、子どもに「動かないで」と言いたいとき。
そんなときは、動詞stay+形容詞still(静かにじっとしている・動かない)、いいたいことがいえます。

ちなみに、「そこにいて」は、「Stay(とどまれ) where you are(あなたがいるところに).」となります。

④stay true to yourself
「自分に正直でいてね / 自分自身に忠実でい続けてね」

「true」には「忠実」という意味もあるので、stay true to ~で、「~に忠実であり続ける」という意味になります

(忠実といえば、ベタですがこの犬のイメージです・・)

・stay true to myself(自分自身に忠実である)
・stay true to my word(言行一致=自分の言葉に忠実である)
・stay true to my mission(自分の使命に忠実である)
・stay true to Japanese tradition(日本の伝統に忠実である)
・stay true to the spirit of democracy(民主主義の精神に忠実である)

いくらでも言えちゃいますね。

ちなみに、さきほどの「Stay where you are.(そこにいて)」と同じ構造で、「Stay who you are.」ということもできます。「あなたらしく、あなたのままでいてね。」という意味ですね。


>四谷学院のすらすら話せる55段階式英会話

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  豆知識  

 

このページの先頭へ