前の記事 » 
次の記事 » 

苦手な人・嫌いな人は自分の「投影」かも

  公開日:2018/05/01
最終更新日:2018/04/17

※この記事は約3分で読めます。

こんにちは、四谷学院です。
このページでは「防衛機制」について解説します。

防衛機制とは

「防衛機制」は、自我の防御機能です。
「投影」を例にとって、どういう仕組みで自我の防衛が行われるのか、みていきましょう。

投影とは

投影とは、「本来は自分の欲求であるものを、他者が持っているものと捉える」ということです。

自覚がある?ない?

防衛機制は、基本的に自分が気付かない領域、いわゆる「無意識による機能」なのです。
無意識は、精神分析学では「超自我」または「イド」ということになりますね。

防衛機制が無意識つまり、自覚なく行われます。

「投影」の例

「投影」について、具体的な例を挙げて説明しましょう。

Aさんの話です。会社の同僚にB君という人がいます。B君は優秀でいつもニコニコしており、社内でも人気があります。
しかし・・・Aさんはこんな風に感じていました。
「ほかの人と比べて、B君は自分に冷たい気がする」
「B君は、自分よりほかの人の仕事を優先しがちだ」
そしてAさんは「自分はB君から嫌われている」という思いを持つようになりました。

さて・・・実際はそうではありませんでした。
実は、AさんがB君を嫌っていたのです。

つまり、Aさんは「私はB君のことを嫌いだ」という自分の抑圧された感情を、「相手の感情」としてみていました。
これが「投影」です。

「投影」の過程

このとき、何が起こっているのか、もう少し詳しく解説しましょう。

「自分はB君のことが嫌い(イド)」なのに、B君は優秀だし人気のある人だから「Bさんを嫌ってはいけない(超自我)」と無意識下でせめぎあいがあります。
すると「B君を嫌っている私」は、自我を脅かすことになります。

そこで、「嫌っている」という思いを他者に投影する=他者のものにします。
つまり「私の方こそが、B君から嫌われている」と思うことで、自分を守っているわけです。

このような葛藤を覚えるような出来事に遭遇した時、このメカニズムは基本的に意識の外側で行われるので、そのプロセスに気づかないわけです。

こうしたプロセスは、近年では、認知行動療法において、スキーマや認知のフィルターといった概念で説明されます。

 本格的な心理学を学びましょう!  お手軽なのに中身は本格派!
上位資格の取得や臨床心理士指定大学院を目指しているけれど、心理学については初心者、という方にうってつけの講座です。
くわしくは、ホームページをご覧ください。


 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  心理学コラム  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはお電話(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ