前の記事 » 
次の記事 » 

知っているようで知らない?「モラトリアム」とは

  公開日:2018/04/26
最終更新日:2018/04/14

※この記事は約2分で読めます。

こんにちは、四谷学院です。
このページでは「モラトリアム」について解説します。

モラトリアムとは

モラトリアム(moratorium)とは、そもそも「一時停止」「猶予期間」というような意味があります。
学術的用語としての「モラトリアム」は、エリクソンが提唱した発達心理学の言葉で、子どもと大人の境目において、「大人の領域に踏み込めずにうろうろしている状態」を指します。
発達の面から言えば、アイデンティティを見つけるための期間という役割があるといえます。

現代のモラトリアム

「モラトリアム」という言葉は、最近になって一般にも広く知られるようになりました。
広くとらえれば、「やることが見つからないから、大学を卒業したら、とりあえず大学院へいこう」というのもモラトリアムの1つです。

昔もモラトリアムは存在したと考えられますが、現代では比較にならないくらい増えているといえるでしょう。
それによって、自分の人生や生き方をより深く考えることができるということはメリットかもしれませんが、それが許容されすぎることにより、いわゆるニートに代表されるような、自立に問題を抱えたままで年を重ねる人が増えているという点では、昔と比べて青年期以降の発達のプロセスが変わってきているといえるでしょう。

 本格的な心理学を学びましょう!  お手軽なのに中身は本格派!
上位資格の取得や臨床心理士指定大学院を目指しているけれど、心理学については初心者、という方にうってつけの講座です。
くわしくは、ホームページをご覧ください。

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  心理学キーワード 心理学コラム  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはお電話(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ