外国人の保育士資格の取得方法は?

  公開日:2018/05/22

※この記事は約2分で読めます。

こんにちは、四谷学院の石田です。

保育園や幼稚園では、外国のお子さんも増えてきました。
お父さんやお母さんが日本人だったり、あるいは両親ともに外国籍の場合も!
グローバル化が進んでいます。

園に通うお子様だけでなく、保育士さんだってグローバルに!

保育士試験は、国籍を問わず受験が可能です。

受験の流れ

保育士養成協議会へ問合せ

まずは、電話で保育士養成協議会へ問い合わせます。
そのまま、担当者による口頭での聞き取りが行われます。
年齢、出身国、卒業した学校(大学など)、卒業年度の確認が行われます。
そして、聞き取りの内容に応じて、およそ2週間ほどで保育士試験の出願に必要な書類を送ってくれます。
かんたんな受験審査と考えてよいでしょう。

なお、家族や知人などが代わりに答えて、書類を取り寄せることも可能です。

出願期間中は出願・受験審査を同時に行うこともあります。
受験希望者は、早めに問い合わせましょう。

受験審査の内容

日本人の場合は、合計14年の学校教育を受けられた方が、保育士試験の受験資格を得ます。
小学校(6年+中学校(3年)+高校(3年)+短期大学・専門学校(2年)の合計ということですね。

国によって教育期間が異なりますが、この「14年」を一つの目安として考えるということです。
なお、海外の大学等を卒業された場合は、トランスクリプト(大学の成績証明書)などの提出が必要ですので、あらかじめ取り寄せておきましょう。

日本の大学を卒業された場合には、保育士試験の受験条件を満たします。

日本人でも海外の大学を卒業された場合には、トランスクリプトなどの提出が必要です。

基本は個別対応

日本人以外の保育士さんはまだ少なく、保育士養成協議会への外国人の保育士資格取得に関する問合せは、年間数十件程度とのこと。
国によっても、出身の学校によっても、確認事項は多岐にわたるため、ホームページや「受験の手引き」等では受験要件は公開しておらず、基本的には個別で対応してくださるそうです。
詳しくは、保育士養成協議会へお問合せください。

四谷学院は、保育士を目指すあなたを徹底サポート!
くわしくはホームページをご覧ください。

 

同じカテゴリの記事  保育士試験情報 保育士試験のお悩み  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはお電話(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ