実技試験「音楽」当日の心構え 大きい声だけがコツじゃない

  公開日:2017/04/29
最終更新日:2017/11/02

※この記事は約5分で読めます。

こんにちは、四谷学院の石田です。

音楽の対策というと必ず出てくる言葉、それは「大きな声で歌うこと」です。
たしかに、ピアノの伴奏ばかりに気をとられてしまい、歌声がちっちゃい・・・なんてのはマズイですが、
大きな声だけが正義じゃない!のです。

これ以外の音楽試験のポイントをお伝えします。

楽しく歌うのが何より大事

試験は「子どもたちに聴かせる」という想定で行われます。しかし、子どもが黙って聴いているわけありませんよね。
歌を聴いたら、一緒に歌いたくなるものです。

試験でも、子どもたちと一緒に歌っているつもりで、元気よく、そして楽しく歌いましょう。

元気が強い = 声が大きい

こんな風に考えがちですが、無理やり大きな声を出すわけではありません。
よく通る声 と 楽器の音とのバランスが大事です。

悩み「声が小さくて困っている」の対策

この質問はしょっちゅういただきます。皆さんの共通の悩みといえるでしょう。
主な原因として、3つ考えられます。

腹式呼吸ができていない

ノドだけで声を出している状態だと、なかなかよい声が出ません。いわゆる「声が通る人」、周りにもいますよね?大きな声なワケではないけど、やたらよく聞こえる声です。なぜよいく聞こえるのかといえば、腹式呼吸ができているのです。歌声が聞こえにくい場合には、腹式呼吸が正しくできていない可能性があります。
腹式呼吸ができると声が通るようになるので、大きな声を無理に出そうとしなくても、楽器の音にかき消されることはありません。

腹式呼吸の練習は簡単です。
深く息を吸い込みましょう。そして、おなかの”底から”「ハッハッハッ」と声を出します。このとき、「ハッ」という声に合わせて、ちゃんとおなかが上下しているか、触って確認してください。いばった社長さんの笑い声をイメージすると出しやすいですよ。

楽器の音が大きすぎる

声は出ているけれども、ピアノやギターといった楽器の音が大きすぎるために、声がかき消されてしまうことがあります。
こちらの対策は簡単。
楽器の音を小さく弾く練習をしましょう。やさしく、軽いタッチで弾いてみてくださいね。

音域が合っていない

声が出しにくい原因として、歌のキーが合っていない/span>ということが多くあります。
具体的には「楽譜の音が高すぎて、声が出せない」という状況ですね。高いキーで声を出す場合には、地声ではなくて裏声(ファルセットとも言います)で歌いましょう。

ただし、裏声で歌うと声量が足りず、どうしても声がスカスカしてしまいがち。

対策としては、「移調する(キーを下げる)」という方法があります。
移調する場合には、伴奏が難しくなるケースもありますので、慎重に進めたいところです。

まずは地声で歌えるように練習をしてみて、それでも難しいようなら移調も検討しましょう。

「子どもの歌」は地声で歌えるものがほとんど。
訓練によって、2.3度すぐに音域は広がります。
とくに今まであまり歌の練習をしていない人は、練習の効果はすぐに出やすい傾向が!

楽譜を正しく読みましょう

高得点での合格を目指すならば、これが3つのお約束。

・音を外さない
・正しいリズム
・一定のテンポを守る

思い込みで歌い、楽譜とリズムが違っていることがあるんです。
子どもの頃に覚えた歌の場合は、勝手にリズムを作って歌っていることも珍しくないので、過信せず、楽譜をよく読みましょう。

そして何より大事なこと、間違えても、最後まで続けるということです。途中で間違っても試験官に「スミマセン」と言う必要は全くありません。
思い出してみてくださいね。
試験は「子どもたちに聴かせる」という想定で行われます。途中で歌が止まってしまっては、台なし。気にせず、楽しさ重視で続けましょう。

お手本となる歌を聴きましょう

音楽試験の対策として、実はもっとも重要なんです。
正しい音程・リズムで、子どもたちに向かって歌っている歌く
これが理想です。
ですからお手本となる歌も、子どもたちに向けて歌っているものを選んでくださいね。合唱コンクールなどの映像はNGです。

そして、素敵な歌を聴くことができたら、自分の歌や演奏を理想のイメージに近づけていきます。この作業が、正しい練習です。何度も歌い、弾けばうまくなるわけではありません。ましてや、ノーミスが合格の条件でもありません。子どもたちと楽しく歌う、そのイメージは何より大事。
理想の歌のイメージがもてれば、練習が何倍にも効果的に進みます。

四谷学院では、オリジナル楽譜の提供はもちろん、模範歌唱も動画でチェックできます。そのほかにも移調楽譜や腹式呼吸の練習動画もありますから、実技試験対策はバッチリです。
合格率95%を超える四谷学院の保育士講座実技対策はこちらからどうぞ。

四谷学院 保育士講座
実技試験対策はこちら

講師の先生もキラキラ笑顔です

 

同じカテゴリの記事  実技-音楽  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ