<人名問題対策>楽しんで覚えよう!保育の世界の有名人

  公開日:2017/04/28
最終更新日:2017/11/02

※この記事は約3分で読めます。

こんにちは、四谷学院の谷村です。

受講生の皆さんより「人名とその人の主張が、ごっちゃになって覚えにくい」というご相談をいただきます。
毎年必ず出題される人名問題。
保育士試験では、日本人も外国人も、たくさんの人名が登場しますよね。ここで苦労されている方は多いはずです。

そこで今回は、人の名前を楽しんで覚えられる方法をご紹介します。

キャッチフレーズの効果

最近多いアイドルグループ。たくさんいるメンバーの中でも覚えてもらうために、自己紹介にはキャッチフレーズをつけていますね。


「春風のような笑顔を残す、ダンシング!四谷りんごです(ハート)」

そもそもキャッチフレーズをつけることは、人名暗記方法としては、かなりの正統派なんです。
たとえば、「音楽の父」はバッハです。きっと、学生時代に音楽の授業で習ったのではないでしょうか?
ほかにも、四谷学院(予備校)の「なんで、私が東大に!?」もご存知の方も多いかと思います。

こういったキャッチフレーズをつけることで、覚えやすくなるわけですね。
「人に覚えてもらう」ための、非常にメジャーな手法ということです。
これは、勉強にも取り入れることにソンはありません。

保育界の有名人のキャッチフレーズ

保育界の有名人には、キャッチフレーズがついています。

フランスの思想家ルソー
  =「子どもの発見者」

スイスの教育者ペスタロッチ
  =「人類の教師」

かっこいいですね。
ペスタロッチは、お墓にもこの言葉が刻まれているんですって。

キャッチフレーズはズバリその人の特徴をうまく表しています。
キャッチフレーズをそのまま暗記するのではなくて、
背景や詳しい内容を思い浮かべられるように
理解を深めておくとよいでしょう。

たとえば・・・子どもの発見者 ルソー

「子ども」は「おとな」の縮小版でしかない
と考えられていた時代。

ルソーさん(フランス)
「子ども」には固有の価値がある!
早くおとなになればよいというものではない!
子ども時代って重要なんだよ!

著書「エミール」の中で主張しました。

そのため「子どもの発見者」と呼ばれました。

だからといって
子ども時代に無理に何かを教え込むというわけではなく、
良い環境を与えれば子どもは自ら善く育つ(性善説)と考えたので、
「消極教育」と呼ばれます。

では、ルソーさんに登場していただきましょう!
自己紹介をお願いします。
「どうも、”子どもの発見者”ルソーです!消極的だけどとっても善人なフランス人です」

どうでしょうか・・・かなりインパクトがありますね。
こんな風にキャッチフレーズをつくって楽しんで学習してみてくださいね。

四谷学院では、学習の内容だけでなく、学習の方法についてもアドバイスいたします。
安心の担任制だから、小さなことでも遠慮なく質問することができますよ。

四谷学院 保育士講座ホームページ

 

同じカテゴリの記事  教育原理  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ