1科目から受講可能!科目別申込ができる通信講座をお探しなら

  公開日:2018/01/05
最終更新日:2018/12/20

※この記事は約3分で読めます。

科目ごとに合格が可能

保育士資格試験は、科目ごとに受験することができる試験です。

筆記試験:全8科目
実技試験:全2分野

合格すると、その科目は受験年を含めて3年間免除されます。
つまり、1回の試験で全科目に合格する必要がないということです。

あなたの目標や、試験までの日程、確保できる学習時間などに合わせてスケジュールをたて、保育士試験の合格を目指すことができます。

いつから始める?学習開始のベストタイミングとは

免除科目

さらに!幼稚園教諭免許や介護系の資格をお持ちの方は、免除科目があります。

科目 幼稚園教諭免許
【※1】
社会福祉士

介護福祉士

精神保健福祉士

幼稚園教諭免許

3福祉士資格



保育原理
教育原理 免除 免除
社会的養護 免除 免除
児童家庭福祉 免除 免除
社会福祉 免除 免除
保育の心理学 免除 免除
子どもの保健
子どもの食と栄養
保育実習理論



音楽分野
造形分野
言語分野
免除 ○【※2】 免除
受験科目数 7科目 受験 6科目+実技
受験 
4科目 受験

 

【※1】幼免所持者「3年以上かつ4,320時間以上実務経験」の場合、さらに「保育実習理論」免除となる。→6科目受講
【※2】実技試験はいずれか2分野選択(受講時は3分野セットです)します。

受験する科目の数が少ないほど、学習負担も減り、合格の可能性が高まります!

教育訓練給付制度を賢く活用

通信講座などで、全科目コースを受講した場合、「教育訓練給付制度」を利用することができます。
最大受講料の20%が戻ってきますので、受験科目とは別に、受講科目を検討してみましょう。

主婦でも使える!?教育訓練給付制度を使って資格を取ろう

四谷学院は、高い合格率が自慢です。

保育士講座について、くわしくはホームページをご覧ください。

このページの先頭へ