主婦でも使える!?教育訓練給付制度を使って資格を取ろう

  公開日:2017/04/03
最終更新日:2017/08/30

※この記事は約4分で読めます。

こんにちは、四谷学院の石田です。
教育訓練給付制度をご存知ですか?
これから勉強したい方、就職・転職に活かせる資格を取りたい方、チェック必須の制度です。

教育訓練給付制度とは

労働者の主体的な能力開発の取組みを支援する」という制度です。通学講座だけでなく、通信講座にも適用されます。
対象は、雇用保険に入っている、もしくは過去に入っていた方々です。

受給資格があるかどうかは、ハローワークで確認することができます。

手続きは簡単!学費の20%が戻ってくる

厚生労働大臣の指定する講座を、自腹で受講して修了した場合、学費の20%(上限10万円)が給付されます。

「でも、手続きが面倒なんじゃないの?」
ご心配なく!手続きは簡単です。

(1)制度を使えるかどうか、ハローワークで確認する
(2)教育訓練給付制度の指定講座に申し込む
(3)学習して修了する
(4)必要書類(修了証や領収書など)をハローワークに提出する

女性のための特別対応もある

現在、雇用保険に入っていて1年以上在職中であれば制度を利用できます。離職しているのであれば、退職日の翌日から受講開始日までの期間が1年以内であれば利用できます。

子育てが一段落して、いざ再就職を目指す!という方には知っていただきたいのが延長制度です。
「もう仕事をやめてから1年以上経っているから、使えないわ」という方ちょっと待って!

育児、出産等により教育訓練が受けられない場合には離職後4年まで延長されます。

制度が使える講座、使えない講座

残念ながら、すべての講座に教育訓練給付制度が使えるわけではありません。<労働者の雇用の安定・就職の促進に役立つもの>という大前提があります。
そのため、趣味的・教養的内容の講座や基礎的・入門的内容の講座は指定されません。


特に女性におススメの資格講座は以下のとおりです。

女性におススメ 教育訓練給付制度 指定講座
① 保育士講座・・・子育ての経験が生かせます!
② ファイナンシャル・プランナー講座・・・家計にも役立つ知識が学べます!
③ ケアマネ講座・・・夜勤もなく、長く働けます!
④ 宅建講座・・・必置資格のため不動産業界に有利!
⑤ 行政書士講座・・・独立開業もねらえます!

いずれも、民間資格ではなく国家資格であることがポイントです。
年齢制限がなく、日本国内どこでも使える国家資格。
誰でもカンタンに取れるできるわけではありませんが、その分価値ある資格です。
近年は、保育士不足が叫ばれています。行政からの「保育士さんを増やそう」という後押しもあり、「保育士」は、おススメ資格となっています。

女性の皆さんのリアルな声

M さん(山口県)
保育士不足が大々的にいわれてるため、今後あれば役に立つと考えました。資格取得できたので転職したいと考えています。
H さん(愛知県)
仕事にやりがいがなくもっと専門的な職に就きたいと思ったのがきっかけです。学校に行かずに取れる国家資格だという理由で保育士を選びました。
出産や子育てなども有利に働く職種だということも大きな魅力でした。

 

保育士さんは、子育てパパ・ママの経験が生かせる職業です。
また、国家資格である「保育士資格」は再就職・転職にも有利。

四谷学院なら、合格率は全国の約3倍です。確実に資格を取得をしたい人に選ばれている通信講座です。
くわしい情報はホームページをご覧ください。資料は無料でお送りします。
四谷学院 保育士講座ホームページ

このページの先頭へ