四谷学院通信講座

宅建試験について|宅建講座|通信講座・資格取得なら四谷学院通信講座

宅建試験について

宅建試験は年齢も経験も不問。誰でも受験できます。

宅建は、学歴・年齢・実務経験などの受験制限がないので、誰でも受験することができます。試験のチャンスは年に1回。50点満点中およそ70%の35点程度得点できれば合格します。合格率は16%前後ですが、きちんと勉強さえすれば誰でも合格することができます。マークシート式で論文、記述は一切ありません。

宅建試験概要

受験資格 誰でも受験できます
実施時期 年1回(10月の第3日曜日)
試験時間 2時間
申込時期 【インターネット申込】7月上旬~中旬ごろ
【郵送申込】7月上旬~末ごろ
受験料 7,000円
合格基準 50点満点中およそ7割(35点) ※年によって変動あり
出題形式 四肢択一(マークシート方式)50問
平均合格率 約15%~17%
試験実施団体 財団法人 不動産適正取引推進機構
電話:03-3435-8111
宅建取引士証の交付について 宅建試験合格後、その試験を行なった都道府県の登録、および宅地建物取引士証の交付を受けてはじめて宅建取引士として実際に業務に従事することができるようになります。登録には2年以上の実務経験が必要となり、実務経験が2年に満たない場合、登録実務講習を受講すれば登録できます。宅建取引士証は5年間有効となり、法定講習を受講することで更新されます。

宅建は法律系・不動産系の資格試験の登竜門!ステップアップに◎

宅建の試験で問われるのはほとんどが法律知識であり、しかも出題される法令だけで15以上という広範囲の学習をすることから、幅広い分野の資格にステップアップができる資格です。不動産鑑定士、あるいは行政書士といったワンランク上の資格試験を目指されている方が、より易しい宅建を基礎固めとして受験することも多い資格試験です。

不動産の
エキスパートに
不動産鑑定士 不動産の鑑定業務に関する業務独占資格!
管理業務主任者 管理委託契約締結に先立つ重要事項の説明に関する業務独占資格!
土地家屋調査士 不動産の表示に関する登記を行うことができる国家資格!
法務関係への
ステップアップ
司法書士 不動産登記(権利登録)と商業・法人登記を独占!
行政書士 多種多様な書類を扱う、市民と官公庁をつなぐプロ!
金融・保険系への
ステップアップ
FP(ファイナンシャルプランナー) あらゆる資産運用のスペシャリスト!