四谷学院通信講座

宅建とは|宅建講座|通信講座・資格取得なら四谷学院通信講座

宅建とは

資格・試験についてわかりやすく解説します!

宅建は宅地・建物の取引のスペシャリスト

不動産「宅建(宅地建物取引士資格試験)」は毎年約20万人以上が出願する人気国家資格。宅建は宅地・建物の取引のスペシャリストとして、不動産業界で必要不可欠な存在です。
またその専門知識は、金融・保険業などの幅広い業界で高く評価されるだけでなく、私生活でも大いに役立ちます。さらに宅建試験は法律系・不動産系の資格試験の登竜門であり、活躍のフィールドはますます広がっています。

宅建はこんなところで役立つ!!

宅建は就職・転職にもダンゼン有利!

給与アップに期待、就・転職にもダンゼン有利!不動産業界以外にも、活躍の場はたくさんあります。土地に関する資産設計や担保評価を行う銀行・生保業界はもちろん、店舗の立地・展開が利益を左右するサービス業や小売業、食品産業など多くの業界でも、不動産取引に関わる資格を持つ人は重用されます。不動産に関係する法令と、日常生活との関係が深い民法が中心ですので、多くの企業から評価されています。

不動産購入の際に有利!

独立開業の代表資格!自宅を事務所に、自由に働ける!マイホームやマンションなど、不動産を購入する機会は一生に何回もあるわけではありません。だからこそ誰でも十分納得の上入手したいもの。宅建を学習すれば、不動産取引に関わる法的知識をピンポイントで身に付けることができます。万が一トラブルが起こっても有利に動くことができます。

自分の資産を有効活用できる!

法律知識を学べば、「ソン」や「泣き寝入り」とはもう無縁!不動産を相続する際には相続税が、不動産を所有していると固定資産税が課せられます。宅建では税に関する法令のほか、土地利用など建築に関する法律も学習します。宅建の知識があれば、専門家に任せっきりにすることなく、資産を有効に利用できます

重要な不動産契約業務は、宅建取引士だけが行えます

不動産の契約時に必要な「契約締結前の重要事項の説明」「重要事項説明書への記名・押印」「契約書への記名・押印」の重要な業務は、宅建の資格を持つ人だけが行える業務です。
そのため不動産業の事務所には従業員5人につき1名以上の専任の宅建取引士を配置することが法律で定められています。多くの事業所を持つ不動産会社では、採用時には宅建取引士が優遇されるほか、入社後に取得を義務付けている会社もあります。

次のページからは、この宅建取引士になるための試験について詳しく説明していきます。