前の記事 » 
次の記事 » 

え!?そう言うんだ。二重アゴ、三段バラ、ベルトの上にのったお肉、英語ではこう言います。

  公開日:2017/09/24
最終更新日:2020/07/13

※この記事は約3分で読めます。

こんにちは、すらすら話せる55段階式英会話、スタッフのJuneです。

先日、ネイティブ講師のMaraとちょっとした会話をしました。

Mara : 最近、太ってきちゃった。
June : 全然、そんなふうに見えない!
Mara : だって、みて、この二重アゴ。あ~、気持ち悪い。
June : 全然だよ。私はさ、太ると、ココと、ココにお肉がつくの。
Mara : あ~、おなかと、ベルトの上にのっちゃうお肉ね!
June : そうそうそう!
Mara : それって、英語で〇〇、っていうんだよ。
June : へ~、知らなかった!面白い!

さあ、どうでしょうか。
二重アゴ、おなかの肉、ベルトの上にのっちゃうお肉。
これって英語で何というか、想像できましたか?

今日は、ほんのちょっとしたことですが、この3つの表現をご紹介しますね。

”ココが太っちゃった”の表現3つ

■ 2重アゴ

double chin
(2つの) (アゴ)

  「ダボゥ チン」と発音します。
  けっこう、そのまんまですね。
  単純すぎて笑ってしまいました。

■ おなかの肉

pouch

double chin が二重アゴ。
それなら、double pouch は二段バラ、triple pouch が三段バラ。
そんなところでしょうか(笑)。
「ポーチ」ではありません。
「パウチ」と発音します。

私たち日本人が、「ポーチ」と思っている、コレは↓「パウチ」です。

「パウチ」というと、こんな↓ものを想像しがちですよね。
袋状のものは、「パウチ」
 

カンガルーの袋も、パウチ↓。

私たちがふだん言っている「ポーチ」
「poach」というスペルになりますが、実はこれ、「密猟/密漁」の意味となります。

  
また、同じ単語ですが、「poach」には、「割って熱湯の中でゆでる」という意味もあるんです。
ポーチ・ド・エッグの「ポーチ」ですね。

そして、スペルがもう少し違う「porch」は、家の玄関のところにある ポーチ のことになります。   

少しまぎらわしいので、まとめると。。。

pouch ; パウチ 袋状のもの
poach ; ポーチ 密猟/密漁  ポーチ・ド・エッグのポーチ
porch ; 家のポーチ

”ポーチ””パウチ”で、語彙が少しひろがりましたね^^。

■ ベルトの上にのっちゃうお肉

cupcakes
カップケーキ。「なるほどね~」と、ひざをポンとたたいてしまいました。

写真を見れば見るほど、「なぁるほど」ですね~。
私の腰骨の上、まさしくこのようになっております(汗)。

日本語にはないけれど、英語には”ドンピシャ”な表現がある。
言葉っておもしろいなって、つくづく思います。

ちなみに、Maraによると、
「右と左の両方にあるから、cupcake じゃなく、cupcakesと、複数形にしてね!」とのことです。

またまた、「なるほど」の時間でした。

英語を身につけるコツ

英語に限らず、言葉を身につけるためには、「ナルホド」体験がとても大事です。
「そっか!」「へぇ~、おもしろい!」
そんなふうに感情が動いたときに、言葉は身につくんです。
「そっか!」と感情が動き、言葉が身につきやすいんです。

ぜひ、あなたもそんな体験を増やしていってくださいね。


>四谷学院のすらすら話せる55段階式英会話

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  豆知識  

 

このページの先頭へ