前の記事 » 
次の記事 » 

「cool」=かっこいい は常識。じゃあ、「ダサい」って英語で何て言う?

  公開日:2017/09/25
最終更新日:2020/07/13

※この記事は約2分で読めます。

こんにちは、すらすら話せる55段階式英会話のJuneです。

今日も、ちょっとした、でもよく使う英語をご紹介します。
講師たちと話していると、「cool!」という言葉をよく聞きます。

イイね!
カッコいい!
いいじゃん!

こんなニュアンスの言葉ですが、その反対の

ダサい!

これは、何というか皆さんご存知でしょうか?
ネイティブ講師と話すようになって初めて耳にしたので、今日はヒトコトですがこれをシェアしたいと思います。

”ダサい”を英語で何という?

”カッコいい”を意味するcoolは常識ですが、”ダサい”は、このように言います。

ださい、つまらない = lame (レイム)
スラングなので、辞書をひくと「障がいのある」などという意味がでてくると思います。
日常会話で、軽い話をしているときの「lame」は、ダサいという意味になります。

He is so cool, but his new girl friend is …. so lame.
(彼はすごくカッコいいのに、彼の新しい彼女って…すごいダサい。)

ちなみに、「lame duck」という表現があります。
これは、「役に立たなくなった人・もの」を表します。

再選できなかったけど任期中の政治家なんかにも使われます。

「ダサい」に似た意味のもので、他にもこんな表現があります。

時代遅れ out of date
古い  old-fashioned

実は、講師たち、よく「lame」を使います。
そんなに悪気はなく、「軽くからかってアハハと笑う」ことが多いのと、「本当によくないものは、きちんと言うのが優しさ」というスタンスがあるからなんです。
言葉の使い方と文化って、表裏一体で、すごく面白いです。

文化とセットで英語を身につける

55段階式英会話では、文化的な背景とともに英語を身につけられるよう、レッスンに工夫をしています。

たとえば、日本語の「いらっしゃいませ」は英語にはありません。
そのかわりに、ひとこと挨拶があります。
「ありがとうございました」には、ひとことのプラスアルファがあります。
そんな、ちょっとしたものから、その場に合ったふるまいまで。
「言葉だけじゃない、文化もセットで」学びたい方は、ぜひ55段階式英会話でシチュエーションごとに学びませんか?
ホームページはこちらです。


>四谷学院のすらすら話せる55段階式英会話

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  豆知識  

 

このページの先頭へ