ミスをしても元気に歌おう!実技試験合格者の声をご紹介します

  公開日:2017/08/30
最終更新日:2017/11/02

※この記事は約3分で読めます。

こんにちは、四谷学院の石田です。

実技試験の合格報告がたくさん届いています。
「先輩に続け!」「先輩に学べ!」
ということで、この記事では実技試験の体験談をご紹介します。

とにかく元気に歌うこと

 S.R.様
筆記試験はかなり長くて緊張したけど、実技試験はそれ以上に緊張しました。
音楽は少しの油断でミスをしてしまう怖さがあり、落ち着くことが大事だと思いました。ピアノはミスがなかったけど、声が小さくなり、おそるおそる歌ってしまって、ギリギリの点数だったので、ピアノはやはり歌が大事で、大きな声で元気に歌わないと合格が厳しいなと思いました。

ミスをしても歌が元気に歌えられたら合格すると思います。

音楽の科目は、「試験のために、久しぶりに楽器に触った」という方も少なくありません。この1ヶ月、課題曲の2曲を集中的に練習されている方がほとんどでしょう。「完璧に弾ける」という方は、その中でもほんのわずかなんです。受験会場では、「ピアノの音」がもれ聴こえてきますが、結構ミスタッチされています。

大なり小なりミスはされていますが、そこから先が違うんです。
「ガラガラと崩れていってしまうタイプ」
「気にせず最後まで弾くタイプ」
2つに分かれます。
もちろん「気にせず最後まで弾くタイプ」を目指してください。

体験記にもあるように、ミスはしなかったけれど、ミスを恐れるあまりおっかなびっくり歌ってしまうことも。そういう方の場合、ミスをしてしまったら「ガラガラと崩れていってしまうタイプ」である可能性が大です。

 普段の練習からも「ミスをしても最後まで続けること」「元気よく楽しく歌うこと」を意識しましょう。 

元気よく、楽しく歌うとは?

「元気よく、楽しく」というのは、具体的にどんなことでしょう?

・ 大きな声を出す。
・ リズムにのって歌う。
・ 声が明るい。
・ 姿勢が良い。
・ 笑顔で歌う。

みなさんは、どんなイメージをされましたか?

「大きな声」は基本になりますが、大きさというよりも「よく通る声」を目指すことで、楽器にかき消されにくくなります。
また、リズムにのって歌うために、メトロノームで正しいテンポを知ることも重要ですね。最近では、スマホのアプリでもメトロノームが使えますよ。

そして何より大事なのが「笑顔」です。四谷学院でももっとも重要と考えて指導しています。笑顔が出れば、自然と声が明るくなり、姿勢がよくなり、歌を楽しむことができます。
実技試験は、保育士としての適性をチェックする場である
と考えられていますから、ぜひ「私って保育士にぴったり!」とアピールしてください。

本番では、試験官は2名ほど。狭い部屋で行われることもあるので、もしかして、受験生の顔は試験官には見えないかもしれません。
しかし、笑顔は声にあらわれます。しかも、試験官はプロ。どんなことを意識して練習を重ねてきたのか、どんな風に歌っているのか、わかります。
つまり・・・「笑顔の対策」はかなり効果的な「実技対策」になるということです。
ぜひ、実技対策には「笑顔の練習」を組み入れましょうね。

四谷学院の実技対策について、くわしくはホームページでご覧ください。
みなさんの合格をしっかりサポートいたします。

四谷学院 保育士講座
実技試験対策

 

同じカテゴリの記事  実技試験 保育士情報  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはフリーコール(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ