四谷学院通信講座

FP(ファイナンシャルプランナー)の試験内容

FP(ファイナンシャルプランナー)の試験内容

このページのポイントは・・・

ポイント チャンスは年3回。認定教育研修を受ければイキナリ2級受検OK
学科試験と実技試験がある
実技試験は学科試験に毛が生えたようなもの。ただし時間制限に注意

FP(2級/AFP)の試験は1月、5月、9月の年3回

FP(2級/AFP)の資格取得を目指すとき、気になるのは、「いつ・どんな試験が行われるか」ということです。 まずは「いつ」という点から確認していきましょう。

ファイナンシャル・プランナー(FP)の資格は一定の人気があり、試験実施回数も年3回と比較的多い部類に入ります。(厳密には、FP2級と3級が年3回。FP1級は年2回。)

実施時期 年3回(1月、5月、9月)

試験を受けるためには「受検資格」が必要です。

受検資格 FP協会の定める認定研修を修了した者
FP3級合格者       など

ダブル取得! 四谷学院のファイナンシャル・プランナー(FP)講座は、この「認定研修」にあたりますから、当講座を修了すれば、試験を受検できるようになります。なお、試験に合格すると「2級FP技能士」になれますが、日本FP協会に申請することで「AFP」の資格もあわせて取得できます。1つの試験で、2つの資格が手に入る、W取得ができるのです。

年3回の試験のうち、「どの試験を目指すとよいか」は、どれくらい学習時間が取れるかによります。ただ、半年程度見ておけば十分合格できるチャンスはあります。

FP(2級/AFP)の資格を取るための、2つの試験とは?

FP(2級/AFP)には、「学科試験」と「実技試験」の2つがあります。

試験内容 学科試験120分/実技試験90分 同一日に実施
筆記試験 出題形式…筆記試験(マークシート方式)60問
合格基準…60%以上(60点満点で36点以上)
配点:各1点×60問
実技試験 出題形式…筆記試験(記述式)40問
合格基準…60%以上(100点満点で60点以上)
配点:非公開
出願時期 各試験日の約2ヵ月前、20日間程度の期間内に出願
※詳細は試験要綱でご確認ください
受検料 学科試験:4,200円、実技試験:4,500円

筆記試験と実技試験のうち、イメージがわきにくいのは実技試験のほうでしょう。
「実技試験って、何かを試験監督の前で披露するのだろうか」と思われる方も時々いらっしゃいますが、実技試験もペーパーテストです。
具体的な出題イメージを一つ紹介しましょう。

<学科試験 出題イメージ1>

法定相続人および法定相続分に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1となる。
  2. 被相続人の嫡出でない子の相続分は、嫡出子の相続分と同じである。
  3. 被相続人の子Aさんが相続の廃除を受けている場合、Aさんの子のBさんは代襲相続人にはならない。
  4. 被相続人の弟Cさんが被相続人の推定相続人であり、Cさんが相続開始以前に死亡している場合、Cさんの子Dさんが代襲相続人となる。

<実技試験 出題イメージ1>

下記の<親族関係図>の場合において、民法の規定に基づく法定相続分に関する次の記述の空欄(ア)~(ウ)に入る適切な語句または数値を語群の中から選び、解答欄に記入しなさい。なお、同じ語句または数値を何度選んでもよいこととする。

実技試験 出題イメージ1

具体例を見ていただくと、「実技試験では、筆記試験よりも具体的な事例(設例)を元に計算させるような問題がある」というイメージがわくことでしょう。

実技試験のほうが難しいとは限らない?

「学科試験」と「実技試験」という名前の印象から、「実技試験のほうが難しそう」と感じる方は一定数いらっしゃいます。ただし、そうとは限りません。
上記で、学科試験と実技試験の出題イメージをお見せしましたが、同じようなテーマで下記のような問題が出ることもあります。

<実技試験 出題イメージ2>

下記<Aさんの親族関係図>に基づく被相続人Aさんに係る相続税法上の法定相続人として、最も適切なものはどれか。なお、Fさんは、BさんおよびCさんの普通養子(特別養子縁組以外の縁組による養子)である。

実技試験 出題イメージ2

このように、「学科試験では具体例が出ないわけではない」のです。

一方で、実技試験で次のような問題が出ることもあります。

<実技試験 出題イメージ2>

地震保険に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 地震保険の保険料は、建物の構造によって異なるが、所在地による違いはない。
  2. 居住用建物に係る地震保険の保険金額の限度額は、3,000万円である。
  3. 家財のうち1個の価額が30万円を超える貴金属は、地震保険の補償対象となる。
  4. 地震による地盤の液状化により住宅が傾き、傾斜角度や沈下の状況が一定以上であった場合は、地震保険の補償対象となる。

これを見ると、「学科試験とそっくり?!」と感じられる方も多いのではないでしょうか。
そうなのです。
「学科試験」「実技試験」の典型的な出題パターンはそれぞれ別にありますが、内容としては同じような知識を聞いており、問題によっては形式までもほとんど同じ(違いはマークシートを使うかどうか)というものまであるのです。

そこで、四谷学院では、「まずは学科試験をクリアできるだけの力をつけること」を試験対策の土台と考えて、55段階の学習カリキュラムを用意しています。土台さえできれば、あとは出題パターンをつかむことで実技試験も合格できるのです。

※なお、実技試験は試験実施団体によっていくつか違いがありますが、あまり気にしなくてかまいません。詳しくは「FP(ファイナンシャル・プランナー(FP))の合格率・難易度」をご参照ください。

制限時間に要注意!

最後に注意点を補足しておきます。
学科試験は、60問で120分。実技試験は40問で90分です。
制限時間に、とりわけ注意が必要なのは「実技試験」のほうです。学科試験は時間が余って早めに教室を出たという人でも、「実技試験は時間が足りなくて焦った」という話はよくあります。
アウトプットの練習では、最終的に時間を意識しながら対策していくと良いでしょう。
四谷学院の55段階で登場する、パソコンでのアウトプット教材「演習トレーニング」では、それぞれの段階(STEP)の目標時間とそれに対してかかった時間がわかります。これは、制限時間対策も自然と取り入れながら学習を進められるように意図しています。

この講座に興味のある方は、こんな講座も見ています