年齢に上限なし!保育士を目指すあなたを応援します

  公開日:2019/11/01

※この記事は約3分で読めます。

こんにちは、四谷学院の石田です。

保育士試験の受験条件に、年齢の上限はありません。
何歳になっても、保育士を目指すことができるんです。

主婦・社会人が保育士になる方法は?

保育士さんになるには、2つの方法があります。

(1)保育士養成課程のある学校に通う

(2)保育士試験を受験して合格する

(1)の保育士養成課程は、短期大学・4年制大学・専門学校に入学し、卒業と同時に資格を取得できます。2年以上の通学や保育実習などの参加も必要です。
(2)の保育士試験は、大学等の卒業など受験要件を満たせば、誰でも受験することができます。家事・育児をしながら、お仕事をしながらでも、保育士資格取得を目指すことができます。

受験資格については、こちらの記事もどうぞ!

高卒でも受験可能!保育士試験の受験資格について

年齢は転職・就職のネックにならない!

ブランクからの復帰も多いということも「保育士」の特徴です。
初めて保育士さんとして働く方であっても、子育て経験をお持ちであれば、それほど心配はないかもしれません。
また、「実務が不安・・」という方のために、保育士試験合格者を対象とした実務研修を行っている自治体もあります。

一般的には、「転職は若い方が有利」と言われていますが、保育士に関しては、そうとも限りません。育児経験や社会人経験がむしろプラスに働くことも!保育園などの転職市場においては、「段取り力」「コミュニケーション力」といった点が重要視されています。
「主婦からの保育士へ」「会社員から保育士へ」という方が増えています!

特に30代40代の方はコチラも参考にしていただければと思います。

30代・40代の選択!保育士試験で資格取得が最多

年齢はあきらめる理由にならない!

四谷学院では、20代から70代の方が保育士を目指して勉強されています。
最も多い年齢層は30代・40代ですが、50歳以上も珍しくありません。これまでも、70代の方が見事に合格されています。

勉強を始めた当初は、
「年齢が気になる」
「試験会場で私が一番年上かもしれない、恥ずかしい」
「こんなにたくさん、覚えられないかもしれない」
と不安を口にされる方もいらっしゃいますが、最終的には・・・

「久々の勉強で楽しかった!」
「私もやればできる!」
というお声をいただきます。

年齢は、保育士になることをあきらめる理由にはなりません!

こちらの記事も参考になさってくださいね。

年齢に制限なし!20代~70代の受講生が保育士試験合格!

年齢に上限なし!保育士を目指すあなたを応援します -まとめ

保育士の年齢について、お話をしてきました。
保育士になるのに遅すぎるということはありません!
年齢が気になる方は、ぜひ勇気を出して一歩を踏み出してくださいね。

四谷学院の保育士講座は、受講サポート期間が長いので安心です。
担任制で、あなたの学習をしっかりサポート!迷いなく学習していただけます。
詳しくはホームページをご覧ください。


>四谷学院通信講座 保育士講座

このページの先頭へ