四谷学院通信講座

保育士試験を受けるならいまが大チャンス!!!

<理由> 2020年、7年ぶりに保育士試験が変わる?!

2020年からは新しい範囲の勉強が必要になるのか…! 2020年、保育士試験範囲が7年ぶりに変更されます。
科目内容の組み替えや、新しい分野の追加などが行われる見込みです。
そして、今スタートして、2019年の秋に行われる<後期>試験を受けるのが、現在の出題範囲で受験できるラストチャンスになります。
保育士試験を目指すなら、変更前の今がおすすめなのです。

重要!「保育所保育指針」とは?出題範囲の変更とは?何が困るの?

ざっくばらんに言うと、出題範囲の変更によって、対策が難しくなります。

保育士試験は、科目ごとに出題範囲が決まっています。この範囲が、入れ替わったり新しくなったりします。
そうすると、今までと出題のウエイトが変わる、新しい出題範囲についてどんな問題が出るのか予想しにくいといったことが出てきます。そのため、保育士試験に限ったことではありませんが、「試験の出題範囲や形式が変わると、試験の難易度は上がる」といわれています。

こんなことを聞くと、いま、保育士試験を目指すのはやめたほうがいいかもしれないと思う人もいるかもしれません。
でも、そんなことはありません。四谷学院なら大丈夫です。四谷学院は、多少の変更に負けない、保育士として必要な理解を養うことができる講座をモットーにしていますので、安心して対策できます。新しい傾向についても、十分対応できるだけの土台が養える講座になっています。
ただ、それでもやはり、出題傾向が安定している2019年秋までの試験を目指したほうが安心して試験にのぞめるでしょう。何より、早く合格するのに越したことはありません。今なら2019年の試験を目指せますので、このチャンスを逃さずにスタートしましょう!

もし…一度で合格できなかったら1からやり直しになってしまうの?

「2019年秋がラストチャンスということは、ここで合格できなければまた1からやり直しになってしまうの?」と思った方、ご安心ください。そんなことはありません。
四谷学院では、皆さんの学習負担を最小限にして試験に臨んでもらうことをモットーとしています。
そこで以下のような対応をとります。

変更点は55段階の演習トレーニング(パソコンでの学習システム)を活用してスムーズに頭に入るようフォロー
※演習トレーニングなどのサポートをご利用いただくには、原則としてインターネット環境が必要です。なお、通常の学習は、インターネットなしで進めることができます。

四谷学院なら安心ね! さらに、お一人お一人の状況については、質問サポートを活用していただくことで担任が個別にアドバイスします!ここまで手厚い四谷学院なら、万が一失敗した科目があっても路頭に迷うことはありません。

保育士試験を目指すあなたを、四谷学院は全力で応援します!さあ、今すぐスタートしましょう!

2019年を記念すべき「保育士試験合格」の年にするため、四谷学院で学習をスタートしましょう!

保育士講座トップへ戻る