四谷学院通信講座

新型コロナ対応についてはこちら

現場での活用例|経営数字の才能開発|通信講座・資格取得なら四谷学院通信講座

現場での活用例

正しい経営判断は、正しい数値管理から!

正しい経営判断あなたは、何をよりどころに経営判断を行いますか?経験やカンは、客観的な基準にはなりませんし、他社の成功事例を真似ようにも、自分の会社にあてはまるかはわかりません。かといって、大事な判断を他人にゆだねるわけにもいきません。
本講座で学ぶ「55の数字術」は、ビジネスの様々な課題解決の場面で、情報を「数値化」し、論理的に「分析」し、正しく「判断」するための便利なツールです。実はこの「数値管理」こそが、経営者に求められる重要な仕事なのです。 ここでは、数字術がビジネスの課題解決にいかに役立つかをご紹介します。

【事例】 標準偏差・標準得点

データ分析の数字術のひとつ「標準偏差」「標準得点」を紹介します。
【1】売上は、毎日同じではなく、変動するものです。
↓
【2】その変動の幅をならしたのが「標準偏差」。
↓
【3】でも、非日常的な要因で、大きくその幅から離れることがあります。その「離れぐあい」が「標準得点」。
↓
これをビジネスに活かすとキャンペーンの効果測定に使えます!
キャンペーン効果のグラフ

このように標準偏差と標準得点は、実施したキャンペーンの効果が高かったのか低かったのかを判断することができる大事な指標なのです。
本講座ではこの他にもあらゆる場面を想定した事例を数多く用意しており、課題解決に役立てることができます。また計算やグラフ化はあらかじめ準備したExcelフォーマットを使うので初心者でも安心して取り組むことができます。

この講座に興味のある方は、こんな講座も見ています