前の記事 » 
次の記事 » 

説明できる?馴化と順応の違い【入試キーワード】

  公開日:2017/09/12
最終更新日:2020/05/08

※この記事は約2分で読めます。

こんにちは、四谷学院です。
心理学の分野では「学習」に関連して、「馴化(じゅんか)」「順応(じゅんのう)」という言葉が出てきます。
似ているようでちょっと違う。この2つの違いについてみていきましょう。

古典的条件づけとオペラント条件づけ、違いを説明できますか?

順応とは

「順応」(adaptation)は、目や耳といった感覚器レベルで起こる反応の低下です。

例:
「きつい匂いをかぎ続ける内、あまり匂いを感じなくなる」
「明かりを見つめ続けた後、視野の一部に何も見えない部分が出来る」

刺激により、感覚器の感覚神経細胞が興奮し続け、疲労してそれ以上興奮することが出来ない状態をいいます。
閾は刺激を受ける回数とともに増大していきます。

馴化とは

「馴化」(habituation)は、脳・中枢のレベルで起こる反応の低下です。
順応より高次のと言えるでしょう。

例:
「大きな花火の音を聞き、最初は驚くが、短期間のうちに繰り返し鳴っていると、次第に毎回の音にびっくりすることが減っていく。」

最初は「大きな音=危険」と思っていたものが、「大きな音=危険ではない」と学習されたことにより、驚かなくなったのです。

馴化では、身体的に刺激を知覚し、それに反応することが出来るけれども、反応する必要が無いことを学習したために、反応が低下するということです。

順応と異なり、刺激を受ける回数とともに閾が上昇するわけではなく、同じ強度の別の刺激に対しては再び反応を生じます(脱馴化)。また、刺激が提示されなくなって長時間経つと自然に回復します。馴化の速度は刺激の頻度が高いほど速く、強度が強いほど遅くなります。

 通信講座で、臨床心理士を目指す! 

四谷学院では、トータルな入試対策に向けてバックアップができる通信講座をご準備しております。
詳しくは、ホームページをご覧ください。

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  心理学キーワード 心理学コラム+(プラス)  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはお電話(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ