前の記事 » 
次の記事 » 

やっぱりなぞるだけでは上達しない?正しいペン字練習法を3つご紹介!

  公開日:2017/09/18
最終更新日:2018/04/05

※この記事は約4分で読めます。

こんにちは、四谷学院の後藤です。

ペン字や筆ペンなど、字を練習するときには、「お手本」を使いますね。
お手本の字をマネることで、自分の字のバランスを直していくわけですね。

みなさんご存知の通り・・・お手本があっても、そっくりに書くのはなかなか難しいものです。

この記事では、正しいペン字練習法として「見本をマネする3つの方法」を紹介します。

横に手本をおいて見ながら書く

もっともポピュラーな方法が横に手本をおいて見ながら書くという方法です。
お勧めは、「見本を左に置き、右に書く」です。
左利きの人は逆にしてくださいね。

視界の中に「見本」と「自分の書く字」の両方が見えるようにするのがポイントです。

見本と自分の書く字を両方をいっぺんに見ようとすると、目がチカチカすることも。
できる限り、「見本」「自分の書く字」の位置を近づけましょう。

お手本をよく見てから、書く

「見ながら」書くのではなく、「よく見たあとに」書くという方法です。

この方法を取るときには、お手本には中心線などの「補助線」を引くことをお勧めします。
「見る」のがとても大切になるからです。
その補助線(中心線)が目安になります。

「3分の2のところから曲がる」
「つくりとへんは、半々」
「点の角度は45度」など
自分でしっかり見て、分析をします。

とにかくお手本をよく見て、自分の頭のなかでイメージできるようになること。
その後、イメージ通りを思い描きながら書きます。
イメージと違っているところを直して、また書いて・・・を繰り返します。

練習は少し高度ですが、この方法で身に付けた場合再現性が高いというのが魅力です。

お手本をなぞる

お手本の点画を上からなぞるという方法は、かなりポピュラーです。
身体で覚えるタイプの練習法ですね。
とにかくなぞればOKですが、1回や2回なぞってもすぐには体得できませんので、くり返し練習をしましょう。

まずは、正しい筆順で、ゆっくり・じっくりなぞりましょう。字の全体の形やバランスを意識できるようになります。
そして、次のステップでは「トメ」「ハネ」「ハライ」にも注目して、できるだけリズムよくなぞれるように気をつけると効果的です。

まとめ

「見本をマネする3つの方法」をご紹介してきました。いかがでしょうか?できそうなものやかつて試した方法もあったかもしれませんね。

それぞれの方法に、それぞれよいところがあります。

私のオススメする方法は・・・・・3つのミックスです!
つまり、どういうことかというと・・・

  • まずはお手本をよく観察しましょう。
  • 正しい筆順で、トメ・ハネ・ハライも忠実になぞりましょう。
  • 「この線は、こうなっているんだな~」と字を分析しましょう。

四谷学院のペン字講座では、1)2)3)のイイトコドリです。
特に一人では難しい「お手本の字の分析」をテキストでお伝え!キレイな字のルールを学んで、一生モノの美文字を身につけましょう。

四谷学院 ボールペン字講座

 
四谷学院 筆ペン字講座

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  ペン字上達のコツ ペン字学習者のお悩み解決  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはお電話(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ