前の記事 » 
次の記事 » 

同じように書いてない?ヨコ線を書き分けるとうまく見える!

  公開日:2018/02/28
最終更新日:2019/07/10

※この記事は約4分で読めます。

こんにちは、四谷学院の後藤です。

なんとなーく、全部字が右上がりになっている方はいらっしゃいませんか?
あるいは、字が平坦な方は?

その理由は・・・
あなたのヨコの線(ヨコ画)が”1種類”しかないためかもしれません。

この記事ではヨコ画について詳しく解説します。

印象を変えるのは「ヨコの線」

以前の記事で「タテ線をまっすぐ書くのは難しい」という話をしました。

まっすぐな線は難しい!?こだわりを捨てると上達が早くなる

日本語は文章を縦書きすることも多いので、タテ線をまっすぐに書くことがとても大切です。

しかし、ヨコの線ももちろん大切です。
字の印象を決めるのはヨコ線と言ってもいいかもしれません。

ヨコ線の基本は右上がり

よこ画は、少し右上がりにするのが基本です。
しかし、過度に右上がりだと落ち着かない形になってしまいます。
「ほとんど水平で、わずかに右上がりがちょうどよい」と理解するとよいでしょう。

これは、人間の手首やヒジ、肩の関節とも実は影響しています。
右利きの場合は、やや右上がりの方が書きやすいはずです。
ためしに、左下がりの字を書いて比べてみましょう。
「書きにくい!」と感じると思いますよ。

左利きの方はこの逆。意識して右上がりのヨコ線を書きましょうね。

ヨコ線の種類は3種類

よこ画はすべて同じではありません。
漢字で「三」を書いてみてください。
できるだけ「違い」を意識して書いてみてくださいね。

ヨコ線の種類
1)そる
2)まっすぐ
3)ふせる

この3種類を使い分けることで、字に表情があらわれてきます。

最初は、「わずかに右上がりを意識」もしくは「過度に右上がりにならないように意識」しましょう。
そして、3つヨコ線を意識して書けるように、手本をじっくり眺めてみてくださいね。

間隔は均等に

複数のヨコ線がある字、結構多いと思います。

例えば、↑の文章で言えば
「複」の日の部分とか、「線」の白の部分もそうですし、
「結構」なんて横線だらけ!

複数のヨコ線があるときには、間隔を均等に書きましょう。
線と線の間が狭くなったり、広くなったりすると、字が安定せずに、バランスが悪く見えます。

自分で書いた字を、自分で添削してみるのも1つの手です。
スペースの広さを示す「青い丸」が、できるだけ同じ大きさで書けるように、ヨコ線同士の間にスペースをとりましょう。
右は下のスペースが広すぎます!

文章を書く時には、字と字の間の距離、つまり「字間」を均等にするときれいに見えますね。

ポイントは1つずつクリアしよう

ポイントを同時に2つも意識するのは、なかなか難しいものです。
配置を意識すると、今度はヨコ線が同じようになってしまったり、逆にヨコ線を書き分けようとすると間隔がブレたり。

「今回は、ココを意識しよう!」ということを、まず1つずつクリアしていきましょう。

 あなたの字がみるみる美しく! 

通信講座できれいな字を身につけましょう。日本の文化や教養も学べます。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

四谷学院ボールペン字講座 通信講座

四谷学院筆ペン字講座 通信講座

四谷学院 硬筆書写技能検定対策講座 通信講座

四谷学院子ども漢字書き方 ペン字 通信講座

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  ペン字上達のコツ  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはお電話(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ