前の記事 » 
次の記事 » 

墨を使わない書道?水書道のメリットとデメリット

  公開日:2018/03/21
最終更新日:2018/05/18

※この記事は約5分で読めます。

こんにちは、四谷学院の土田です。

書道・習字の練習は、準備や後片付けが大変ですよね。

「そうそう!それが億劫で!」
と共感してくださる方、多いのではないでしょうか?

お道具を出して、下敷きを敷いて、墨をすって、紙を敷いて・・・
終わったら作品が乾くまで待って、硯と筆をきれいにして、片付けをする。

私はうっかり者なので、すぐにどこかで墨がついて、手や指が真っ黒になってしまいます。一度、鼻の下に墨のちょび髭が!「いったいなぜ?」と自分でも不思議です。

大人の私でもそうなのですから、小学生の書道の時間はホントに大変です。
子どもたちの手が真っ黒になるのはもちろん、服にも墨がつくので、体操着に着がえてから書道の授業をする学校もあります。

机の間も狭いですから、「その手で壁に触らないで!」「床に墨がたれているよ!」などなど大騒ぎです。

水で書く習字

さて、子どもにとってもっとも扱いが難しいのが「墨」と「筆」。
そこで、問題の“墨”を使わない水書道、水習字という練習方法があります。

かんたんに言えば、墨の代わりに水をつけて字を書く、というモノです。

水書道・水習字のメリット

小さなお子様が筆に慣れるためには、「筆を使う」ということが大切です。
しかし、毎回手は墨で真っ黒け、服も汚れるし、床や家具まで黒くなる!というのでは、かんたんに「習字しよう!」とは言えませんよね。

その点、水書道は「水」ですから、汚れません!
少しくらいぬらしてしまっても、布巾でかんたんにふき取ってしまえますね。
準備も、後片付けも非常にカンタンですから、空いた時間に気軽に練習できます。
筆をもつ回数は、格段に増えると思います。

もう一つのメリットは、「失敗を恐れなくていい」ということです。
乾いてしまえば、字がなくなってしまいます。
ですから、失敗しても気にせずに、書き続けることができますね。
「紙がもったいない・・・」
と気にする必要もありません。

普通の半紙でも書けますし、専用の速乾性のシートもあります。
何度もくり返して、乾かして練習できますよ。

「気軽に取り組む」「楽しく書く」という目的であれば、このメリットはとても大きいかと思います。

水書道・水習字のデメリット

水で書いた作品は、乾いたら消えてしまいます。
これはメリットでもあるのですが、デメリットにもなります。

と、いうのも
とてもきれいに書けたとしても、作品を残しておくことができないのです。

また、失敗してしまってもすぐに消えてしまうので、反省材料になりにくいという点があります。
墨の質感(濃淡)の再現などもあり、書道の世界でも、水で書く練習法は賛否両論あるようで、やはり、「墨とまったく同じ」というわけにはいかないようです。
「作品を作る」「上達する」という目的であれば、このデメリットが大きいかと思います。

墨で書くことのよさ

墨に匂いを思い出せますか?
ふんわり、控えめな、軽いお香のような・・・
芳香剤として「墨の香り」が出ているくらいで、日本人にはなじみのある香りかもしれませんね。

そうなんです。
心を落ち着かせるということが書道・習字ではとても重要視されるんです。

墨を使って筆で書くことは、心を落ち着かせるとともに、
「墨だから汚さないようにていねいに扱おう」
という気持ちになりますよね。

動作がていねいになりますから、自然とていねいに字を書くことになります。

水書道・水習字も便利ですが、水書道だけでは、どうしても足りない部分も出てきます。
もしもお道具がそろっているのであれば、それらの筆・墨・半紙などを使って練習することをオススメします。

墨を磨(す)るのは面倒・・・と思われるかもしれませんが、
せっかくですから、心を落ち着かせてゆっくりと磨るのもよいでしょう。墨が濃くなるにつれて、フワっとよい香りがしてきますよ。
たとえば小筆の練習であれば、墨はそれほどたくさん必要ありません。片付けも簡単です。
忙しいときには墨汁を使うなど、上手に使い分けてみてくださいね。

時間のないときには硬筆の練習を

お子様の場合でも、大人の場合でも
「どうしても書道・習字の用具を一式準備する時間がない!」ということがあるでしょう。
そんなときには、硬筆の練習、つまりエンピツやペン字の練習をしてみてはいかがでしょうか?

練習は、お手本を見て書くのが基本です。
お手本の字をよく見て、形をとっていくわけですね。
きれいな形、正しい形を覚えるという点では、硬筆も毛筆も同じです。

硬筆、毛筆と両方の字を上達させていきましょうね。

 あなたの字がみるみる美しく! 

通信講座できれいな字を身につけましょう。
詳しくは、ホームページをご覧ください。

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  ペン字上達のコツ ペン字学習者のお悩み解決  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはお電話(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ