前の記事 » 
次の記事 » 

デキる大人の一筆箋活用術!ワンランク上の心づかいを。

  公開日:2018/03/20
最終更新日:2018/03/24

※この記事は約4分で読めます。

こんにちは、四谷学院の後藤です。

先日、ある方から書類を送っていただいたとき、
「よろしくお願いします」とサラリと一筆箋が添えてありました。
お会いしたことがない方なのですが、
「とても丁寧な方なんだな」と印象がよくなります。

一筆箋はコミュニケーションツールとしても、そしてちょっとした大人の配慮としても活用できます。
日常的に一筆箋を使いこなして、ワンランク上の心遣いを見せてみませんか?

今日は、大人のための「一筆箋の使い方」についてのお話です。

一筆箋とは

「一筆箋、ステキだけどどんな風に書けばいいかわからない」
とちょっと尻込みしている方も多いのではないでしょうか?

でも、便箋やハガキよりも書く分量はずっと少ないので、プレッシャーなく書くことができます。
「拝啓・・・敬具」などのルールも基本的にはありません。
宛名と自分の名前、日付を書いたら、本文はほんの2-3行。
だから気軽に書けますよ。

ほんのひと言でOK

そもそも、便箋・一筆箋の「箋」という漢字には
「細長い紙片」
という意味があります。

筆と同じ「たけかんむり」。
もともと竹だったのかな、確かに細長いイメージです。

一筆、つまりちょっとだけ書く細長い紙 が一筆箋というわけですね。

逆に、何枚にもわたってメッセージを書きたい場合には、一筆箋ではなくて便箋を使います。


出典:榛原ホームページ「蛇腹便箋」

こちらは、老舗の「榛原(はいばら)」さんの蛇腹便箋レターセット。
実は切り離し式になっているんです。
便箋の各折り目ごとににミシン目が入っていますから、書き終わったところで切り取れます。
1枚切り取れば一筆箋として、もう少し書きたいときには何枚か続けて便箋として使えますよ。

一筆箋の書き方のルールは?

便箋やハガキには「書き方のルール」があります。
「拝啓・敬具」「名前の位置」「改行のタイミング」などなど・・・
また、熨斗紙なども「決まった書き方」がありますね。
もしまちがって書いてしまうと、相手に失礼になってしまうこともあります。

「ルールにそって書く」ということは、
見た目がきれいで、かつ失礼にならないようにするため、というわけです。
日本には昔から「手紙」という文化がありますから、手紙のルール = 礼儀・作法という意味合いも強いのです。

一方で、一筆箋は限られたスペースですし、そもそも「一筆」なのであいさつも省略できます。封筒もいらないし、折らずに添えて使います。

一筆箋のルールは、あってないようなもの。

「読みやすさ」「汚れたり、折れたりしていない」などの配慮があればOKです。
お好きなデザインを選んで、自由に書いてみましょう。

読みやすい一筆箋の書き方

一筆箋も手紙やハガキと同じく、「相手に読んでもらうもの」です。
特にルールは決まっていませんが、読みやすくする工夫をしてみましょう。

書き方の例

一筆箋に託す心づかい


出典:榛原ホームページ「竹久夢二 一筆箋」

最近ではメールやパソコンを使ったやり取りが増えてきて、そもそも手書きのメッセージを送る機会が減ってきています。
「手書きで書いてある」というだけでも、その価値は高まります。
手書き文字には、「あなたのことを大切に思っていますよ」「これからもどうぞ宜しく」という気持ちを伝える力があるのです。

しかし、雑に書かれた字であれば、効果は半減です。
できるだけていねいに、ゆっくり書くこと、そしてバランスのよいレイアウトにも気を配ってみてくださいね。
季節の柄やかわいい模様など、お気に入りの一筆箋を使うときには、自然と「丁寧に書こう」という気持ちになりますよ。

四谷学院のペン字講座では、社会人が身に付けたい教養としてハガキや便箋、封筒の書き方なども学べます。
詳しくはホームページをご覧ください。

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  文化・教養を知る  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはお電話(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ