前の記事 » 
次の記事 » 

大人の文房具!? 万年筆を楽しむ

  公開日:2018/01/30

※この記事は約6分で読めます。

こんにちは、四谷学院の土田です。
「大人の文房具」というと思いつくのが、万年筆ではないでしょうか?

「何万円もする高級品」
「作家や年配の人が使うイメージ」
「子どもには扱いが難しい」

こんな印象があるかもしれませんね。
しかし、「万年筆」が今、見直されているんです。

万年筆は書き味が違う

万年筆は、実はものすごーく書きやすいんです。
一度これを味わうと、ボールペンではモノ足りないと感じるくらいです。
かく言う私も、インクの色違い、線の太さが異なる万年筆を3本持っています。「大事な書類」は、これで書きます。

万年筆の頭脳「ペン先」

万年筆の特徴は、「ペン先」にあります。「万年筆の頭脳」とも呼ばれています。

ほかのペンと違うところは・・・先が割れていますよね?
先端はペンポイントといって、大きさや形状で字幅が決まってきます。ボールペンは構造上、紙にある程度の力で押し付けないとインクが出てきません。えんぴつも、手の力が弱いと濃くはっきりした字は書けません。しかし、万年筆は弱い筆圧でもインクが出るようにつくられています。
一方で、筆圧を強くかけすぎてペン先が想定以上に開くと、かえってインクが出なくなる、という優れものなんです。
書きやすさのヒミツがここに詰まっています。

万年筆には正しい持ち方がある

えんぴつやボールペンと違って、万年筆は「向き」があります。
ウラ向きにしてしまうと、うまくインクが出てきません。ペン先が、紙と水平に接するようにするときれいに書けます。

あんまり見ない「万年筆のウラ」がこちら。
櫛溝(くしみぞ)というインクの調整機能がついています。


(セーラー万年筆の基礎知識より)

育つ筆記具

長く使っていると、万年筆の「持ち方」が決まってきます。いつも同じ場所を同じ方向から握って使うことになるので、書き手のもち癖・書き癖がついてくるのです。
書き続けることで、どんどん書きやすく育つ筆記具というわけですね。
「父の万年筆を譲ってもらったけど、書き癖がついているから書きにくいんだよね~」
なんて話も出てきますが、これはボールペンやサインペンにはないお話ですね。

子ども用万年筆がある

万年筆はヨーロッパで生まれました。英語では「フォウンテン・ペン」(噴水のようにインクが流れる)と言います。

ドイツでは、日本のようにエンピツで書く前に、万年筆で書き方をきちんと教えるそうです。
その後、正しい書き方を身につけ、えんぴつやボールペンを使うようになります。

「え?子どもが万年筆!?」
びっくりしませんか。

インクが漏れることもあるし、ペン先がデリケート。
「それなのに、子どもが使いこなせるの?」と私も意外に思いました。
しかし、万年筆の頭脳であるペン先が優れた機能ため、手の力がまだ弱い子どもでも、万年筆だときちんと書けるんです。
それに、万年筆をあえて使わせることで、「筆記具はていねいに扱うものである」という考え方が身につきます。

さらにおとなになってから、本格的な万年筆への以降がスムーズに行く、というヨーロッパならではの文化です。
もちろん、子ども用の万年筆には色々な工夫がなされています。

子ども用万年筆の特徴
・握りやすい(ラバークリップなど)
・正しく指を置く誘導のためグリップにくぼみがある
・クリップはついておらず、筆入れに入れやすい
・インク残量が透けて見える
・ペン先はスチールで低価格
・色や形がかわいい

インクの色が楽しめる

万年筆のインクは、黒や青だけではありません。

たとえば、日本を代表する万年筆メーカー「セーラー」さんには、四季をイメージした「SHIKIORI」というシリーズがあります。


(セーラーHP「SHIKIORI」より)

このシリーズの万年筆には、風情のある「色の名前」がついています。
たとえば、「夏」は「うちみず」という涼やかなブルー。インクの色も「藤姿」「蒼天」など、夏のイメージが広がるネーミングと色ですね。

まとめ:万年筆の楽しみ方

「万年筆?え?なんだか、ハードル高い・・・」と思っていた方には、意外な「万年筆のお話」だったかもしれません。

カジュアルに使える万年筆も多く店頭に見られます。そのほかにも「日本語を書くのに適している万年筆」などもあるんですよ。また、万年筆には革製品などと同じように育てる楽しみや、インクの色を選ぶ楽しみもあります。
ぜひ、普段使いに万年筆を取り入れてみてはいかがでしょうか?字を書くことをより楽しくなりますよ。

 あなたの字がみるみる美しく! 

通信講座できれいな字を身につけましょう。字を書くことが楽しくなります。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

四谷学院 ボールペン字講座

 
四谷学院 筆ペン字講座

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  文化・教養を知る  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはお電話(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ