前の記事 » 
次の記事 » 

あなたの字はどんな字?「書は人なり」

  公開日:2017/09/09
最終更新日:2017/11/02

※この記事は約4分で読めます。

こんにちは、四谷学院の後藤です。

「書は人なり」という言葉があります。「その人の書いた字は、その人の性格を表している」というような意味です。
たしかに、きれいな字を書く方は、きちんとしたステキナ方のような気がしますし、乱雑でへたな字を書く方は、性格もそうなのかな?と、つい思ってしまいますよね。

字は、その人の印象を左右するものです。

筆跡鑑定


「筆跡鑑定」って聞いたことがありますか?ミステリー小説や2時間サスペンスドラマなどで知っている方もいるかもしれませんね。

たとえば、ダイイングメッセージや遺書など、
「本当に本人が書いた字なのか?」
などを調べるケースに出てきますね。「犯人はお前だ!」の重要な証拠になります。科学的捜査やアメリカの法廷でも利用されているそうです。

ほかにも、芸術作品の贋作・真作の鑑定(サインの鑑定)にも使われています。

筆跡診断


「筆跡診断」とは、書かれた文字を見ることで、その人の性格まである程度分かってしまうとのこと。

私もさっそく占い気分で「筆跡診断」というのをやってみました。
さらさらっと書いた字でまずはチェック。

すると・・・
「だらしなく、せっかち」という結果が・・・
気を取り直して、落ち着いてできるだけきれいに書きなおしてみました。
すると
「きちんとして包容力がある」という結果に。
いいですね、うれしいです!

性格が変わったら字も変わるかもしれませんが、その逆で、字が変わったら性格も変わるでしょうか・・・ちょっと興味深いですね。

服装や姿勢といっしょで、字を見たときに「きちんとしている人!」という印象になるように、引き続き勉強していきたいと思います。

おまけ:筆跡診断をやってみよう


せっかくなので、筆跡診断方法を1つご紹介します。
ご家族やお友達に試してみてもおもしろいかも!意外な側面が見えたりして・・・?!

では・・・いきます!

問題

「国」という字を、大きく書いてみてください。

肩の力を抜いて気楽にどうぞ・・・

分析方法

(1)ロ(くにがまえ)に注目します。
しっかり閉じていない場合・・・「だらしない」
きちんと閉じている場合・・・「几帳面」

(2)ロ(くにがまえ)の角の部分に注目します。
角ばっている場合・・・「まじめ・カタブツ」
丸まっている場合・・・「ユーモアセンスがある」

(3)玉に注目します。
よこ画が等間隔の場合・・・「理性的」
よこ画が不均等の場合・・・「気分屋」

(4)玉の「、」に注目します。
点が大きい場合・・・「見栄っ張り」
点が小さい場合・・・「謙虚・控えめ」

(5)全体の形に注目します。
台形型の場合・・・「安定志向」
逆台形型の場合・・・「さすらい派」

どうでしょうか、当たっていますか?

 あなたの字がみるみる美しく! 

通信講座できれいな字を身につけましょう。あなたの第一印象が変わります。
詳しくは、ホームページをご覧ください。

四谷学院 ボールペン字講座

 
四谷学院 筆ペン字講座

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  文化・教養を知る  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはお電話(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ