前の記事 » 
次の記事 » 

知って欲しい!海のゴミ問題「マイクロプラスチック」について

  公開日:2018/06/13
最終更新日:2020/02/13

※この記事は約4分で読めます。

こんにちは、四谷学院の石田です。

この記事ではマイクロプラスチックの問題について解説します。

(参考)海洋ごみシンポジウム2016「海洋ごみとマイクロプラスチックに関する環境省の取組」

マイクロプラスチックとは?

まず、海に浮かぶごみ「海洋ごみ」、どんなものを思い浮かべるでしょうか?
海藻?手紙の入ったガラス瓶?海水浴場から流された浮き輪?

・・・色々なものがゴミとして海には流れてきますが、そのうち、なんと約70%がプラスチックです。

そして、プラスチックのうち、大きさが5mm以下の小さいサイズのものを「マイクロプラスチック」といいます。

小さなプラスチックごみの出どころには色々がありますが、主に以下の2つの理由があります。

(1)マイクロビーズ使用商品のゴミ
もともと化粧品や洗顔料などマイクロプラスチック(マイクロビーズ)を含む商品が下水を通じて海に流れ込んで、ゴミになっている場合
(2)プラスチックゴミの劣化
大きなプラスチックのごみが紫外線を受けて劣化し、細かく壊れてマイクロプラスチックゴミになっている場合。

最初から小さいプラスティックも、途中で小さくなったプラスティックも、どちらも同じく「マイクロプラスチック」として扱われます。

マイクロプラスチックの問題点

そもそも、プラスチックゴミは海の生物が誤飲してしまうなどといった生態系への悪影響が指摘されてきました。
普通に考えても、ごみが海に流れていったらマズイ!と感じますよね。

でも・・・
さらに・・・
マイクロプラスティックには以下のような問題点が指摘されています。

★プラスチックに残留する添加物は、マイクロプラスチックになっても残る
★マイクロプラスチックの表面に有害な化学物質が吸着しやすい

このようなことがわかってきました。
マイクロプラスティックは、海の生物にとって毒になってしまうのです。

プラスティックの3R

マイクロプラスチック(プラスチックビーズ)を含む商品の使用を止めたり、3Rを徹底してプラスチックごみを減らす私たちの努力が必要です。
3Rとは、リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle)のことを言います。3つとも頭文字が「R」なので、3R(スリーアール)と呼んでいます。

リデュース

Reduceとは、日本語で「減らす」という意味です。そもそも、プラスティック製品を作らないということです。
例えば、プラスティックのストローは紙ストローに変えることが挙げられています。
3Rの中でも最も優先されるべきことです。

リユース

Reuseとは、日本語で「再利用」という意味です。プラスティックはとても使い勝手がいいものです。プラスティックでないと困るものもあるでしょう。
1回の使い捨てにはせず、何度も繰り返し使うことをで、プラスティックゴミを減らすことが挙げられます。
おもちゃや家具など、ほしい人にあげるのも立派なリユース!

リサイクル

Recycleは、一番耳なじみがあるかもしれませんね。使い終わったものをもう一度資源に戻して使うことを言います。
「混ぜればごみ 分ければ資源」
という標語を聞いたこともあるかもしれませんね。

プラスチックは再資源化が可能です。

こちらの記事も参考になさってください。

海洋プラスチックごみ問題を動画で学ぶ

四谷学院通信講座では、環境についての基本的な知識を学べる「こども環境管理士対策講座」を開講しています。

子どもたちに、すばらしい自然を残していきたいと考える、すべての方に。

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  環境を学ぶ  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはお電話(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ