前の記事 » 
次の記事 » 

ツバメが低く飛ぶと・・・?

  公開日:2018/05/14
最終更新日:2023/12/26

※この記事は約2分で読めます。

こんにちは、四谷学院の石田です。

「ツバメが低く飛ぶと雨が降る」

というのを聞いたことがありますか?
私は、子どものころよく聞きました。

商店街の軒下にツバメの巣ができる頃、あちこちで、ツバメと衝突しそうになっていました。笑

そのときに、近所のおばちゃんが
「あら、天気が崩れるかもね」
と話していて、
「へえ?そうなんだ」
と思っていました。(実際に雨が降ったかどうかは、よく覚えていませんが。)

ツバメは優秀な天気予報士

このお話、実はちゃんと裏づけがあるようです。
日本野鳥の会さんのホームページをご紹介します。

「エサとなる小さい羽のある虫は空気中の湿度が高くなると、湿気、水分が羽について体全体が重くなり低いところを飛ぶため、それを追うツバメも低く飛ぶようになるのだそうです。」
(出典:日本野鳥の会:https://www.wbsj.org/

へ~~、エサをとっていたんですね。

ちなみに、柔道の技で「ツバメ返し」ってありますよね?
ツバメが宙返りをするような足払いというのが由来の1つみたいです。

ツバメはほかの鳥に比べて「飛び方」に特徴があるのですね。
(たしかに、翼がちょっと違う。)

こんな風に身近な存在であるツバメ。近年、ツバメは減少しているといわれています。
日本野鳥の会では「消えゆくツバメをまもろうキャンペーン」を行っています。

子どもたちに自然の不思議さ、おもしろさ、そして大切さを伝えたいあなたに。

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  環境を学ぶ  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはお電話(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ