前の記事 » 
次の記事 » 

宅建試験の合格率

  公開日:2017/12/28
最終更新日:2018/12/05

※この記事は約2分で読めます。

こんにちは、四谷学院宅建講座の春野です。

宅建試験を目指すにあたって気になるのは、どれくらい合格できる可能性があるのか、つまり合格率ですよね。
今回は、宅建試験の合格率についてお話します。

宅建試験の合格率は?

近年の宅建試験の合格率は、以下のとおりです。

多少の変動はあるものの、例年15%ちょっと、というところですね。
近年は、この水準で安定しています。

宅建試験の合格点は?

一方、宅建試験の合格点は以下のとおりです。

平成27年度は少し低め、平成30年度はやや高めに出ていますが、だいたい35点程度、7割の得点率が目安です。

宅建試験の合格点は、合否結果発表の際にあわせて公表されます。
その年の問題の難易度、受験生全体の出来が影響するとされており、上位15%台が占める得点で決定されるといわれています。

確実に合格を目指すなら

ここまでのお話のとおり、宅建試験の合格を狙うなら40点を目標としたいところ。
「8割得点するなんて難しい!」と思われるかもしれません。
でも2割は間違えても大丈夫、とも言えます。

宅建試験は4肢択一のマークシート形式のみです。
要点を押さえてしっかり対策すれば、合格ラインを超えることは十分可能、心配しすぎなくて大丈夫です。

脅威の合格率!四谷学院通信講座の宅建講座

四谷学院宅建講座の合格率は、全国平均合格率を大幅に上回る高い合格率を誇っています。

初めての受験の方も、リベンジ受験の方も55段階学習システム(r)で合格を目指してください。
詳しくはホームページをご覧ください。無料でパンフレットをお送りしています。


四谷学院 宅建講座

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事  宅建試験情報 宅建試験対策  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはお電話(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ