前の記事 » 
次の記事 » 

Q.硬筆書写技能検定 何級から履歴書に書けますか?

  公開日:2019/07/17

※この記事は約5分で読めます。

こんにちは、四谷学院の後藤です。

ペン字検定の中でも最も有名で、日本全国どこでも通用するのが硬筆書写技能検定です。「履歴書に書ける資格」としても、よく知られています。
パソコンやスマホが、広く使われるようになっていますが、まだまだ手書きはなくなりません。

履歴書に書ける資格

先ほど書いたように、硬筆書写検定は最も知られた検定試験の1つです。
文部科学省後援の試験ですから、公的性があり、歴史も古いんです。ですから、有資格者の方はぜひとも履歴書に書くことでアピールができます。

硬筆書写技能検定について、詳しくはこちらの記事で解説しています。

履歴書にも書ける!「硬筆書写技能検定」について

何級から履歴書に書ける?

硬筆書写技能検定は6級からあります。最高級は1級です。
もっとも受験者数が多い級は3級です。硬筆書写部門では最も多く、全受験生の半数以上が3級を受験しています。

もちろん3級に合格したら履歴書に書いていただけますが・・・・
実際にアピールできるのは、2級以上と言われています。

というのも、各級の目安を確認してみましょう。

この部分に注目です!

3級    :中学生・高校生程度
準2級、2級:高校生・大学生・一般社会人程度

お分かりですね?
履歴書を書く、つまり「一般社会人」が目安となっている級を目標にするといいでしょう。

段階を踏んで受験したい方に

「しかし、いきなり2級はハードルが高い・・・」

その気持ち、よーーくわかります。
お勧めする受験方法は、「準2級→ 2級」です。

準2級は、「2級、ちょっと難しいかも…」という受験生のために、新たに追加されました。準2級と2級の出題は、ほとんど変わりません。
合格点のラインがやや異なっています。

得点率に注目すると、準2級は2級よりも合格ラインが低く設定されていることがわかるかと思います。

もしも準備期間が十分に取れる、ということであれば、「3級」からのチャレンジして「3級→準2級→2級」という流れでもよいでしょう。
試験は年に3回ありますので、比較的受験しやすい検定試験だと言えるでしょう。

準2級と2級試験について、こちらの記事でも解説しています。

硬筆書写技能検定に6級と準2級が新設!

合否の分かれ目は「実技問題」対策です

3級、準2級、2級の理論問題は、マークシートになりました。
以前は記述式でしたが、マークシートに変更されたことで、「理論が苦手」「覚えられない」という方でも、かなり取り組みやすくなったかと思います。

そして「実技問題」ですが、これこそ書道系試験の真骨頂と言えるでしょう。
理論問題と異なり、実技問題に唯一の正解はありません

求められる技術は?

2級の試験で求められるスキルは
「漢字かな交じり文を正しくかつ能率よく効果的に書くことができる。」
とか
漢字を楷書で一点、一画正しく美しく書くことができる。
ということが、書かれています。
こうしたことが、受験生には求められます。

もちろん、字が間違っていてはいけませんので、「正しく」はわかりますよね。
さらに「能率よく、効果的に」「正しく、美しく」です。

「能率よく」というのは、試験に制限時間があることや下書きを認めていないことなどを指しているのかもしれません。
「効果的に」というのは、ハガキや掲示文という役割をよく理解したうえで、見やすく読みやすく書くことかと想像できます。

そして、「美しく」です。

自分では「きれいに書けている」と思っても、実は先生のお手本と比べるといまいちだったり。
逆に「きれいに書けない!」と不安だったけれど、十分に合格ラインをクリアしていたり。

実技問題の対策は、一人で進めるのはなかなか難しいものです。

そこで、実技試験対策がうまくいかない方、あるいは一発合格を目指したい方に、「添削指導」を受けることを強くお勧めします。

添削指導は、いわば「個人指導」です。
「この字をどんな風に、どう直せば、より美しくなるか?」
「この字の配置は、どう工夫すれば能率よく効果的に見えるか?」
こうした視点で、客観的にあなたの字を「お直し」してもらえます。

四谷学院では、実技問題に特化した「硬筆書写技能検定講座」を開講しています。

特に2級の場合は、基本的な字の練習はすでに終わっていて、さらにワンランクアップを目指す方が多いことから、「添削指導だけ受けたい」「自宅で練習したい」という方も多いんです。
それなのに、「硬筆書写技能検定」専用の通信講座はほとんど見当たりません。
四谷学院のボールペン字講座でも「検定対策はやっていますか?」という質問もいただいたことがあります。

硬筆書写技能検定の合格を目指す人のために、四谷学院の「硬筆書写技能検定講座」は作られました。
なお、初めて検定を目指す方は、「ボールペン字講座」とセットでご受講されると、さらに効果的です。

くわしくはホームページをご覧ください。

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  ペン字学習者のお悩み解決 硬筆書写技能検定  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはお電話(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ