前の記事 » 
次の記事 » 

なぜ筆順が正しいときれいな字が書けるのか?

  公開日:2017/08/24
最終更新日:2018/04/05

※この記事は約6分で読めます。

こんにちは、四谷学院の後藤です。

みなさん、漢字の筆順を正しく書けますか?
自分では正しいと思って覚えていたけれど、実は、違っていた・・・
という話はよく聞きます。

恥ずかしながら、私はカタカナの「ヲ」の筆順を間違って覚えていたことに、割と最近気がつきました。

※「フ」と先に書いてはいけない…

今ドキッとした人、いませんか?
お仲間です。笑

そこで今回は、筆順についてお話します。

筆順が違っても別にいい!?

筆順がまちがっていても、困ることはありません。
しかし、恥ずかしいことはあります。

イメージしてみてください。

外国の方に漢字を教えたとき、ちゃんと教えたはずなのに、いつの間にか全然違う筆順で書いてる!!
下から上に書いてるし、一番最後の線を最初に書いちゃっている、バランスも悪い・・・

なのに、「これが正しい日本語だ!」と大威張り!!

もし、あなたがこの様子を見ていたら・・・・
おしりのあたりがモゾモゾ、むずむずっとしませんか?

確かに、筆順が違っても「読めればいい」と思う方もいるでしょう。
でも、筆順が違うと「それは日本語じゃない」と感じる方もいるんです。

正しい筆順は1つじゃない!

とはいえ、筆順は1つに決まっているわけではありません。
びっくりしました?

1つだけ唯一、正しい筆順がある・・・と思い混んでいがちですが、何パターンか正しい筆順を持っている漢字もあります。

たとえば・・・

「硬筆書写検定のてびきと問題集」より抜粋

「角」という字は、3パターンも筆順があるんです。
もちろん、どれでも正解です。(私は一番右の筆順で書いています)

筆順とは、このくらい融通の利くものなんですよね。
(ちなみに、硬筆書写検定2級ではこれを知らないと解けない問題が出ます!)

なぜ正しい筆順があるのか?

では、なぜ「正しい筆順」があるのでしょうか?
融通が利くなら、アルファベットのように、そもそも「筆順を決めない」というのもアリでしょ?
という意見もありますよね。

それは、おそらく「筆の文化」が影響しているんじゃないかなぁと思います。
昔から日本、中国には「書」という文化があって、きれいに書くことはとても大切にされてきました。
「どうしたらきれいに書けるだろう」
「きれいな字ってどんな字だろう」
昔の人はそう考えていたはずです。
筆や漢字(たて書き)の特性も考慮しながら、自然と「きれいな字を書ける筆順」というのが定着してきた、という説です。

「今はパソコンだからいいわ」「ボールペンには関係ない」といわずに、先人が考えてきた「きれいに書ける筆順を学ぶ」というのも意義があると思うんです。

すべての漢字の筆順を覚える方法

「じゃあ、せっかくだから、正しい筆順が覚えたい!」
そう思ったとき、あなたはどうしますか?

テキストで片っ端から覚える?
漢和辞典で「あ」から順番に覚える?

う~~~~~、ツライですね。ギブアップしてしまいそうです。

ここだけの話(?)ですが・・・
四谷学院の「ボールペン字講座」「筆ペン字講座」のテキストには、一部の漢字を除いて筆順が収録されていません。

こんな感じで、字の形や注意するポイントが書いてあります。筆順は記載していません。
意外ですよね?
でもこれには、ふかーい意味があるのです。

筆順の原則を知る

筆順を、一文字ごとにいちいち解説しない理由は、筆順には原則を知ってほしいからなんです。
原則を覚えれば、ほとんどの字を正しい筆順で書くことができます。

たとえば、小学校3年生で新たに習う漢字は、200文字です。
毎年、ドンドン増えていきます。
小学校6年間で、なんと1000文字です。
就職活動でアピールできる資格といわれる「漢検2級」は、常用漢字2000字以上を扱います。

2000字以上もある漢字について、いちいち筆順を覚えるのは大変ですよね・・・

そこで、四谷学院のテキストは、「筆順の説明がない漢字は原則どおり」です。
つまり、最初に原則さえ覚えてしまえば、あとは例外だけチェックすればOKなんです。

いかがですか?
2000字も覚えるより、少ない例外を覚えるほうが、ずっとらくだと思いませんか?

筆順の2大原則

原則を覚えるだけ・・・とはいえ、「原則がたくさんあるのでは?」と不安になったかもしれません。
いくつか原則はあるのですが、絶対に覚えて欲しいのは2大原則+8です。

ほとんどの漢字に当てはまります。おとなはもちろんですが、子どもたちには絶対身につけて欲しいものです。

※お子様向けの「子ども漢字書き方通信講座」のテキストには文字ごとに筆順が記載されています

大原則1「上から下へ」

最近、ヨコ書きで読み書きする機会が多いですよね。
この文章だってヨコ書きです。
英語ももちろんヨコ書き。

でも日本語は本体タテ書きなんです。
「筆」の特性を考えても、上から下のほうがスラスラ~と書けます。

漢字を書く場合には、下から上に書く線はありません。(はね等は除く)
上から下に書き進めていくのが原則です。

大原則2「左から右へ」

当たり前だよ~わーいといわれてしまいそうですね。
<大>原則ですもんね。

たとえば「川」という字。
左の線から順番に書く、というのがルールです。

もう少し複雑な「例」という字も、一番左の「にんべん」から順番に書きます。

8つの原則

・ヨコ画が先
・ヨコ画があと(条件あり)
・中が先
・外が先(「かまえ」の場合)
・左払いが先
・つらぬくタテ画は最後
・つらぬくヨコ画は最後
・ヨコ画と左払い

原則は分け方によっていくつかあります。実際の練習しながら原則を確認しておきましょう。
知っていれば、これから役立つこと間違いなしです。

ルールを一度覚えてしまえば、どんな漢字でも迷わず正しい筆順で書けますよ。

四谷学院では、美しい文字のルールを学びます。
だから、再現性もバッチリ!感覚でなく、体系的に美文字を修得しましょう。

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  ペン字上達のコツ ペン字学習者のお悩み解決  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはお電話(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ