前の記事 » 
次の記事 » 

Q.不動産に関わる仕事していますが、3ヶ月で合格できますか?

  公開日:2018/12/13
最終更新日:2019/12/23

※この記事は約4分で読めます。

こんにちは、四谷学院の甲斐です。
今回は、合格のために必要な学習期間についてお伝えします。

3カ月程度の学習で合格点を取ることは十分に可能です。

不動産のお仕事をされていらっしゃるのであれば、 3カ月程度の学習で合格点を取ることは十分に可能です。
しかも、5問免除を受けているのであれば、さらに合格の可能性は高まるでしょう。

合格により近づくためには、お仕事がお休みの日は、できる限り勉強の時間にあてることが必要です。

宅建試験は「不動産についての言葉が難しい」といわれています。
しかし、不動産のお仕事をされている、ということですので、宅建試験の勉強で出てくる不動産についての用語などは、お仕事で耳にするものが多いのではないでしょうか。

よって、言葉の難しさを恐れる必要はなく、宅建受験生の中でも一歩優位に立っているといえます。

短期合格を可能にする!科目の進め方

不動産関連に従事されている方にオススメの学習準があります。これをお教えしましょう。
「宅建業法」と「法令上の制限・税その他」を先に学習することをおススメします。

特に直前期から本格的に勉強を始める方に対しては、まずは「宅建業法」から着手すること。これが合格への最短ルートです。

おススメの学習スケジュール

3か月で合格するための、学習の流れは以下のとおり。四谷学院のおすすめの方法です。

(1) 「宅建業法」を学習します。

まず宅建業法。
準備期間は1カ月程度です。
なぜなら、宅建試験で出題される全50問のうち20問を占めているから!
不動産関連のお仕事であれば、かなりイメージしやすく、取り組みやすい科目のはずです。
ここで、高得点を取って点数を稼げるように、しっかり学習しましょう。

(2) 「法令上の制限・税その他」を学習します。

次に「法令上の制限・税その他」を20日程度で取り組んでください。
5問免除を受けていれば、テキストのうち学習しなくてよい項目がありますので、もう少し学習時間を短縮できます。

四谷学院の宅建講座では、「テキストのこの部分は5問免除者は勉強しなくてよい」ということを、具体的にアドバイスいたします。

(3) 「権利関係」を学習します。

最後が「権利関係」です。
20日程度を見積もってください。
この「権利関係」の分野は、学習するのに時間がかかるのに対して、宅建試験で出題される数が、宅建業法の20問よりも少ない14問です。
そのため、直前期から本格的に勉強を始める方については、リスクはありますが、権利関係は後回しにすることをおすすめしています。

「権利関係」にも頻出分野とそうでない分野があります。四谷学院の宅建講座では「権利関係についてはテキストのこの部分を先に勉強しよう」ということを、具体的にアドバイスいたします。

(4)試験当日まで復習をします。
復習する時間は、少なくとも3週間程度は確保できるようにするとベストです。

学習方法を工夫することで短期合格を実現!

宅建講座の合格率は15%程度。
決して簡単な試験ではありません。

しかも、短期間で合格を目指すということであれば、効率的な学習方法を選ぶ必要があります。

四谷学院の教材は、テキストをはじめ、すべての教材が過去問を分析してつくられた四谷学院オリジナルの教材です。
試験に合格するために必要なポイントが凝縮されています。

最大の特徴は「55段階学習システム!」
講義動画+テキスト+問題演習がすべてリンクし、効率的にそして計画的に学習を進めることができます。
なお、問題集は使いません!パソコンに「演習トレーニング」というソフトをインストールして問題を解くので、ゲーム感覚で取り組めます。もちろん、間違えた問題は繰り返しチャレンジできます。

演習トレーニングとは

パソコンで行う問題演習、はじめは「○×問題」で基礎力を身につけ、次に宅建試験と同じ形式の「4択問題」で実践力を身につけていきます。
段階的な学習ができるようになっているので、自分がどこでつまずいているか一目瞭然!だから復習も簡単です。

間違えた問題だけを重点的に解き直す機能「フォローアップテスト」の機能もついているので、限られた時間でも効果的に学習を進めることができます。
受講生の人気ナンバーワンの「演習トレーニング」をフル活用して、合格するための知識を身につけてください!

忙しい方必見!55段階学習システム(r)で短期合格を目指す!

四谷学院 宅建講座

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事  よくある質問  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはお電話(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ