前の記事 » 
次の記事 » 

宅建受験者は知っておきたい!合格するための3つの心構え~当日編~

  公開日:2018/10/01
最終更新日:2018/09/26

※この記事は約3分で読めます。

こんにちは、四谷学院宅建講座の甲斐です。
いよいよ平成30年度宅建試験が10月21日(日)に実施されます。

特に初めての宅建試験の方は、試験当日はどうすればよいのかわからないことも多いと思います。今回は「試験当日の心構え」と題して、試験当日に気を付けておきたい点をまとめました。

平成30年度宅建試験の当日に向けた事前準備については、下記の記事をご参照ください。

平成30年度宅建試験 合格のための事前準備~直前編~

試験開始前に必ず行くところは・・・

試験時間中の途中退出は禁止となっています。
問題を早く解き終えたとしても、試験時間が終了するまでは退出できません。
トイレを理由とする一時的な退出も禁止されています。

実際には、手を挙げて申し出れば、基本的には、トイレを理由とする一時的な退出が許可され、試験監督員がトイレに付き添うことになるようですが、しかし、複数回にわたりこれを申し出ると、不正行為を疑われることがあり得ますし、当然ながら離席中も時計は止められません。その分、問題を解く時間が短くなってしまいます。
試験開始前に必ずトイレを済ませておきましょう。

解答の順序は?

試験では、必ずしも問1から順番に解かなければいけない、というわけではありません。
どこから手をつけてもOKです。そこで・・・
「苦手な権利関係から解こう」「得意な宅建業法から解こう」など、あらかじめ問題を解く順番を決めておくことをおススメします。
その上で、問題を解答するおおよその時間を決めるとベストでしょう。

具体的な解答プラン

たとえば、「宅建業法」から解き始めると決めた上で、「権利関係」が苦手なので少し時間をかけるとした場合、次のような問題を解くプランが考えられます。

宅建業法(問26~45)⇒ 1問2分×20問=40分
 ↓ 
権利関係(問1~14)⇒ 1問2分30秒×14問=35分
 ↓ 
法令上の制限など(問15~25 / 問46~50)⇒ 1問2分×16問=32分
 ここまで合計107分

見直しやマークの確認など ⇒ 13分
(試験時間120分-ここまでの合計107分)

これはあくまで1つの例ですから、ぜひ自分の学習状況などに合ったプランを考えてください。

悲しきマークミス

マークシートへの記入にミスがあると、せっかく問題の正解を導き出したのに、正解として扱われなくなってしまいます。
マークシートへの記入は確実に行うようにしましょう。
「分からないから飛ばす、空欄にしておく」のはオススメしません。

たとえば問10を空欄にしておくつもりが、ウッカリ問11の答えをマークしてしまうと、その後の問題はすべて1つずつずれてしまいます・・・涙
2分程度悩んでも分からないときは、一応正解であろうと思う選択肢にマークをした上で、次の問題に移ってください。
分からなかった問題には、「問題用紙」に大きく丸をつけておくなど、自分でわかる目印をつけておきましょう。後から見直すときに一目で分かり、効率よく見直しができます。

宅建試験においては、1つでも多くの問題を解答するのが大事です。
分からない問題があっても「焦らないこと」
満点をとる必要はないのですから、1つでも多くの問題を解いて、自分が正解を導くことのできる問題を拾い上げていってください。
1つの問題に執着することなく、解くことのできる問題をどんどん解いていきましょう。

四谷学院の宅建講座なら、初心者でも一発合格が狙えます!
ほかにはない55段階学習システム(R)であなたも宅建資格を手に入れましょう。


>四谷学院 宅建講座

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事  宅建試験情報  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはお電話(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ