前の記事 » 
次の記事 » 

統計問題対策で超重要!「平成31年地価公示」が公表されました

  公開日:2019/04/05
最終更新日:2019/09/04

※この記事は約3分で読めます。

こんにちは、四谷学院宅建講座の甲斐です。
今回は、平成31年(2019年)3月に国土交通省が公表した「平成31年地価公示」について、簡単に見ていきましょう。
地価公示は、宅建試験の統計問題において頻出の統計情報です。

【参考】国土交通省「平成31年地価公示の概要」
http://www.mlit.go.jp/common/001280202.pdf

平成31年地価公示の最大のポイント

宅建試験では、主として地価公示で公表された地価変動率が出題されます。

平成31年地価公示で公表された地価変動率は、「平成30年1月以降の1年間の地価変動率」であり、これが平成31年度(2019年度)宅建試験の出題対象となります。平成31年地価公示の最大のポイントは、地方圏の全用途平均・住宅地の地価変動率が平成4年以来27年ぶりに上昇に転じたという点です。

これは新聞の見出しにもなっていましたので、ぜひ押さえておきましょう。

平成31年地価公示で公表された地価変動率の概要

地価公示では、全国平均、三大都市圏、地方圏の3つの地域の地価変動率が公表されています。

さらに、3つの地域について、それぞれ全用途平均、住宅地、商業地、工業地の地価変動率が公表されています。ちなみに、工業地については、宅建試験での出題がほとんどないため、気にしなくてよいでしょう。

そして、「平成30年1月以降の1年間の地価変動率」の概要は、以下のようになっています。

1.全国平均

全用途平均:4年連続上昇
住宅地:2年連続上昇
商業地:4年連続上昇

2.三大都市圏(東京圏、大阪圏、名古屋圏)

全用途平均:上昇が継続
住宅地:上昇が継続
商業地:上昇が継続

3.地方圏

全用途平均:平成4年以来27年ぶりの上昇(昨年は横ばい)
住宅地:平成4年以来27年ぶりの上昇
商業地:2年連続上昇

統計情報のチェックは試験直前がおススメです!

さて、平成31年度宅建試験では、2019年6月頃までに公表された統計情報から出題されます。
押さえるべき統計情報も多くないので、8~9月以降の試験直前期にまとめて押さえるのがおススメです!

四谷学院の受講生の方へ
受講生専用ページで、最新の試験情報や法改正情報などを随時発信しています。今日の学習前にチェック!

四谷学院宅建講座 受講生専用ページ 
初めての受験の方も、リベンジ受験の方も55段階学習システム(r)で合格を目指す!

四谷学院 宅建講座

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

同じカテゴリの記事  宅建試験対策  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはお電話(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ