前の記事 » 
次の記事 » 

美文字を手に入れた!その後のあなた生活を想像してみて!

  公開日:2017/11/08
最終更新日:2017/11/17

※この記事は約5分で読めます。


こんにちは、四谷学院の土田です。

私は、以前は非常に字が下手でした。
「かわいそうなくらいな字だね・・・」
と友達に言われたこともあります。涙

ほかにも
「字が上手そうに見えるのにね!」
と期待を裏切ってしまったこともあります。

「個性的な字だね」
これがギリギリ(?)褒め言葉です。

字が下手というだけで、とても肩身が狭い。
そして・・・・
字がうまいというだけで、ものすごくメリットが大きい。
この記事では、そんな私の経験をお伝えします。

字の上達で得たうれしい経験

母の言葉が印象に残っています。
「最近、字が変わったね。誰かと思った。落ち着いてきたのね。」
実家に送った封筒の宛名を見て驚いたそうです。
「字を見たら、あなたからだとわかるのに。今回は分からなかった。」
とも言われました。

字を見慣れているはずの身内に驚かれると、かなりうれしいものです。

結婚式に参列

宿敵!のし袋

結婚式に呼ばれて困るのが「のし袋」。
今まで、我が家の祐筆である母に書いてもらっていました。
でも、いつまでもそうしているわけには行きません。

以前、自力で練習を重ねたこともあります。思ったような結果は出ませんでした。お手本もないし、自分ひとりでは限界があると感じました。
だから、通信講座や書道教室に行って、イチバンうれしかったのは、自分の名前が自信を持って書けるようになったことです。
名前の手本がいただけたので、今でも大事にとってあります。

とりあえず、自分の名前はソコソコ見られるようになったので、のし袋はOK。本番前に、5回くらい練習すれば、何とか書けるようになりました。

強敵!芳名帳

芳名帳は、当日一発勝負です。
「そんなにジーッと見ないで!」
と叫びたくなるのをこらえなければなりません。

本当に、これは苦痛でした・・・後ろに人も並んでいるし、いつまでもグズグズしていられません。
あせるし、緊張するし、いつも以上に乱れた字になってしまいます。

しかし・・・分かったんです。
先生がお手本を書く様子を、実際にご覧になったことはありますか?
私は、いつも「書く字」に気を取られていました。
しかし、見るべきところはそこではありません。「リズム」を見るんです。

私は、DVDで何度も見ました。
よくよく見ると、気づくと思います。
「え?こんなにゆっくり書くの?」

私のように焦って書いていては、上手に書けるわけがないのですね。
テンポがよいのでゆっくり書いているという印象がないだけで、緩急リズムが重要です。

芳名帳は、ゆっくり、堂々と書くこと。これだけでもかなり字の印象が変わります。
補助線が真ん中にスーッと一本書いてあると想像すると、書きやすくなります。
そして・・前の人の字に引っ張られないように(あるいは比較して気落ちしないように)しましょう。

落ち着いて字に向かう、ということ

書道は「道」が付くように、自らを高めていくという意味合いを持ちます。
ペン字はも書道の一部と考えれば、「書く前に心を落ち着ける」「字には気持ちがあらわれる」といった言葉も納得です。

ペン字の練習をするようになって、「落ち着いた時間」を持つことができるようになりました。
そして「どんな字=自分が理想なのか」ということを考えるようになりました。
「下手な字」を脱却したことで、コンプレックスも軽くなりました。

それに「きれいな字を書くんですね」と言われることは、「きれいですね」といわれるくらいうれしい!ということ。
ぜひ多くの方に、うれしい気持ちを味わっていただきたいと思います。

 あなたの字がみるみる美しく! 

通信講座できれいな字を身につけましょう。コンプレックスを解消し、自分に自信がもてるようになります。

詳しくは、ホームページをご覧ください。

四谷学院 ボールペン字講座

 
四谷学院 筆ペン字講座

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  ペン字上達のコツ 文化・教養を知る  

 

感想をお寄せください

個別のお返事はいたしかねますが、いただいたコメントは全て拝見しております。いただいた内容はメルマガやブログでご紹介させていただくことがございます。掲載不可の場合はその旨をご記入ください。
お問い合わせはお電話(0120-428022)、またはホームページから承っております。

このページの先頭へ