前の記事 » 
次の記事 » 

【英会話ですぐ使える】寝坊、過大評価、見落とし、小耳にはさむ…「overナントカ」16選

  公開日:2020/03/24
最終更新日:2020/07/14

※この記事は約20分で読めます。

かなり使える!「over」のつく英単語

こんにちは、大人が学ぶ英語の通信講座、すらすら話せる55段階式英会話のJuneです。

今日のブログのテーマは、動画のキーワードである「寝坊= oversleepという言葉。

「overslept」は「oversleep」の過去形ですよね。
「over」に「~を超えて/越えて」という意味があるので、「sleep」と組み合わせて「本来起きるべき時間を超えて寝る」=「寝過ごす、寝坊する」という意味になります。

この「overナントカ」という英単語は、実は他にもたくさんあります。
コロナウイルス関連の会見で”オーバーシュート”という言葉が気になった方、多いと思います。

”オーバー+何か”という言葉、実は英語ではとっても多いんです。

寝坊、やりすぎ、取り乱す、考えすぎ、いっぱいいっぱい…
全部”over+ナントカ”で言えます

ちょっと思いつくだけでも、いろいろ出てきますが、全部で何個あると思いますか~?
ロングマン現代英英辞典によると、148個です(数えましたw)。
※overlyなどは除外し、overとの複合語のみカウントしています

こんなにあるのかぁ~とビックリしました。
このブログでは、数ある「overナントカ」系の英単語の中から、人気講師・ジェイクとマリッサに協力してもらい
 「覚えやすく、日常会話ですぐに使えるもの」を16個 ピックアップしてもらいました。

例文・音声つき(米語)です。
 音声は「ゆっくり」1回⇒「ナチュラルスピード」1回=合計2回 読み上げられます。

1つの英単語から派生させて、ボキャブラリーを拡げ、リスニングも鍛えちゃいましょう^^

日常英会話で使える・役立つ!「overナントカ」16選

 –oversleep 寝過ごす 

①Remember, we’re meeting at 7am tomorrow. Don’t oversleep again.

(覚えておいてね、明日の朝7時集合だから。もう寝坊しないでよ。)

②If I oversleep again my boss is going to kill me.

(もしまた寝坊したら上司に殺される。)

 –overthink 考えすぎる 

①I need to stop overthinking things and just relax.

(物事を考えすぎるのはやめて、リラックスしなきゃ。)

②This project is simple. Follow the instructions and don’t overthink it.

(このプロジェクトは簡単だ。指示に従うこと、そして考えすぎないこと。)

 –overjoyed 大喜びして 

①I was overjoyed when I found out I got the job.

(採用が決まったのを知ったとき、大喜びしたよ。)

②I’ve never been so overjoyed in all my life.

(今までの人生でこんなに嬉しかったことはない。)

 –overflow あふれる 

①Turn off the water before the tub overflows.

(浴槽から水があふれる前に水を止めてね。)

②I’m overflowing with anger right now.

(いま体中に怒りがあふれてる。)

 –overreact 過剰反応する、取り乱す 

①I think you’re overreacting a bit.

(ちょっと過剰反応してると思うよ。)

②I have something important to tell you, but I don’t want you to overreact.

(大事なことを伝えたいんだけど、取り乱さないでね。)

 –overwhelm 圧倒する、うちのめす、参らせる 

①This whole month has been overwhelming.

(今月はずっと、打ちのめされてたよ。)

②I’m so overwhelmed right now, I can’t think straight.

(いまいっぱいいっぱいで、ちゃんと考えられない。)

「自分が」打ちのめされている、と形容したいときは「overwhelmed」、「物事が」打ちのめしてくる、と形容したいときは「overwhelmimg」になります

 –overdue 期限を過ぎて、長い間先延ばしにしてきた 

①This gas bill is two weeks overdue.

(このガスの請求書は、支払期限から2週間過ぎています。)

②We’re long overdue for a new TV.

(新しいテレビを買うの、ずっと先延ばしにしているよね。)

「long-overdue」で、ひとつの形容詞、と考えてください

 -overdo やり過ぎる 

①Studying for an hour a night is fine. Don’t overdo it. 

(毎晩1時間勉強すればいいよ。やりすぎないでね。)

②You’re overdoing that accent.

(その訛り(のマネ)、やりすぎだって。)

 –overkill やりすぎ、行き過ぎ   

①Taking the same lesson that many times is just overkill.

(そんなに何度も同じレッスンを受けたら、やりすぎだよ。)

②You’ve told that joke to overkill.

(そのジョーク言い過ぎて、もう台無しだよ。)

 overdoが単純に「やりすぎる」のに対して、overkill にはやりすぎて「ダメにする」というネガティブなニュアンスがあります

 –overtime 残業、延長戦 

①Did I tell you I have overtime again tomorrow?

(明日また残業あるって、言ったっけ?)

②The Giants and the Steelers are going into overtime.

(ジャイアンツとスティーラーズの試合は延長戦に入ります。)

「overtime」は アメフトの延長戦を意味します

 –overwork こき使う、過労 

①I’m going to die from overwork.

(過労で死にそう。)

②I’m underappreciated, overworked, and underpaid.

(自分は評価されてないし、こき使われてるし、給料も安い。)

 –overrate 過大評価する 

①He’s the most overrated player in the league.

(彼がリーグの中で一番過大評価されている選手だ。)

②Shoyu ramen is overrated if you ask me.

(醤油ラーメンは、俺に言わせれば過大評価されてるよ。)

 –overdress 着飾りすぎる、厚着をする 

①Would wearing a suit be overdressing for this kind of party?

(こういう感じのパーティでスーツ着たら、やりすぎかな?)

②I always order the dressing on the side so they can’t overdress it. 

(私、いつもドレッシング別で頼むんだ。そうするとかけ過ぎを防げるから。)

 -overhear 耳に入ってくる、ふと耳にする  

①I couldn’t help but overhear your conversation.

(話が耳に入ってきちゃったんだけど。)

②I overheard something I wasn’t supposed to hear.

(聞いちゃいけないことを聞いてしまった。)

overhearが「不可抗力で耳にする」という意味であるのに対し、
「故意に盗み聞きをする」のはeavesdropといいます

 -overcook 調理(加熱)しすぎる 

①Please don’t overcook my burger again.
(またバーガー焼きすぎないでくださいね。)

②Excuse me, this steak is a little overcooked.

(すみません、このステーキ、少し焼きすぎです。)

 -overlook 見過ごす 見落とす 

①Don’t overlook what’s really important in life.

(人生で本当に大切なことを見落としちゃいけないよ。)

②It’s an often overlooked position, but it pays well.

(これはあまり注目されない職務だけど、収入が良い。)


>四谷学院のすらすら話せる55段階式英会話

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  豆知識 動画付き  

 

このページの先頭へ