前の記事 » 
次の記事 » 

外国人のニックネーム~おもしろ英語文化の話~

  公開日:2020/03/25
最終更新日:2020/07/13

※この記事は約3分で読めます。

こんにちは、すらすら話せる55段階式英会話のJuneです。

今日は、ニックネームのお話です。
まずは導入として、英語村講師のルグマ先生とジェイク先生がニックネームについて話している動画をご覧ください。
(ジェイク先生、”ジェイク”以外のニックネームがほんとうにイヤそう笑)

英語圏のニックネーム文化とは?

英語村の講師の名札に書いてある名前は、ニックネームだったり、正式なお名前だったりします。数名、挙げながら解説していきましょう。

①マリッサ先生

「マリッサ」は、もともとの正式なお名前。
ラテン語由来の言葉で、「海の星」という意味があるそうです(ステキ~☆)。
マリッサ先生は、
「家族にはマーラ(Mara)ってニックネームで呼ばれてるの」
と、教えてくれました。

②ジェイク先生

「ジェイク」はニックネームでもとは「ジェイコブ」です。
ヘブライ語由来で、アメリカの男性では最も人気のある名前の一つ。
「正義/統治」のイメージを持つ名前です。
ジェイク先生は、
「母が、”ジェイク”ってニックネームで呼びたかったから、ジェイコブって名前をつけたんだ」
って話してくれました。

③JD先生

ラッパーのJZとか、
フルハウスというドラマに出てきたDJという女の子とか「アルファベット2文字の名前」って日本人には「?」となってしまうことが多いかもしれません。

英語村のJD先生のお名前は、「Jake」がお名前で、「Dylan」がミドルネーム。それぞれの頭文字をとって、「JD」なんです。

私が見ていたドラマでは、頭文字をとらず「Mary Louise」とミドルネームも一緒に省略せずに呼んでいるパターンもあったのでジェイク先生になぜか聞いてみると、それは昔風のスタイルなんだとのことでした。

たしかに・・主人公の義母役でしたので納得。

年齢によって変化する!英語圏のあだ名

「Richard(リチャード)」という名前を、
一度は聞いたことがあるかもしれません。

Richard という名前は、

Ric(権力・統治者)+hard(勇敢)

という意味があるようで、こちらもとっても人気のお名前とか。

Richard の人気のニックネームは「Dick」だそうですが、私がこれを初めて知ったとき、「へ?」と不思議に思いました。
どうして リチャード ⇒ ディック になるのさ?そら、ディックってニックネームはドラマとかでもよく聞くけどさ。と。

少し調べてみると、これはどうやら韻の問題のようです。
私たち日本人でも、赤ちゃん時代に呼ぶ名前と4~5歳のときの名前は、「ちっち」から「ちーちゃん」に変わるように年齢とともに変化しますよね?

リチャードについては、下記のような変遷をたどるんだとか。
(一例です)

【命名】 Richard
 Richy
 ↓
 Rich
 ↓
 Ricky
 ↓
 Rick
 ↓
 Dick

他のニックネームについても調べてみると面白いかもしれませんね!


>四谷学院のすらすら話せる55段階式英会話

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  コラム 動画付き  

 

このページの先頭へ