前の記事 » 
次の記事 » 

グラウンドホッグデー(Groundhog Day)って知ってますか?

  公開日:2020/01/25
最終更新日:2020/07/14

※この記事は約5分で読めます。

こんにちは、大人が学ぶ55段階式英会話、スタッフのJuneです。

新年になったと思ったらもう1月末。
時間が過ぎるのはアッという間ですね。

今日はアメリカ・カナダの、ちょっとマイナーな祝日
2月2日の「グラウンドホッグデー(Groundhog Day)」
についての動画をご紹介します。

グラウンドホッグとは、ウッドチャックとも
言われる、アメリカに生息する
地リスの一種です。

顔はかわいいですが、
げっ歯類なので、ウサギよりも
長~い前歯があってちょっとコワイw

「なーんでそんな小動物が祝日の主役になるの?」
と思いましたか?

答えは動画で^^

ちょっと面白いアメリカの祝日

では今日も、さっそくネイティブ講師の会話を聞いてみましょう。

※英語字幕つきです

★タップしてスクリプト(英文+和訳)をみる 

JD: Oh hey, Groundhog Day is coming up soon.
  (やあ、そろそろグラウンドホッグデイだね。)
Jake: Oh yeah, my dad’s favorite holiday.
  (そう、俺のお父さんが一番好きな祝日!)
JD: What!? Why!?
  (え!?なんで!?※アメリカではグラウンドホッグデイはちょっと謎な祝日)
Jake: Hehehe, I think it’s just because of how ridiculous it all is. I mean, we wake up early to see if a groundhog sees his shadow to predict if there will be an early spring. It’s a little crazy, right?
  (それが、いかに、まったくもってバカバカしいかってところからきてると思う。だって、朝早く起きてグラウンドホッグが自分の影を見たかどうかで春が早く訪れるか予測するんだよ。ちょっとおかしいよね?)
JD: Yeah true. Do you know how Groundhog Day started?
  (ほんとだよね。グラウンドホッグデイがどうやって始まったか知ってる?)
Jake: No, how?
  (いや、どうやって?)
JD: It’s a tradition brought over by early German settlers to Pennsylvania. In Germany, they used badgers instead of groundhogs to predict the weather.
  (初期のペンシルバニアのドイツ人定住者が持ってきた伝統なんだ。ドイツではグラウンドホッグの代わりにアナグマを使って天気を予測するんだ。)
Jake: Oh, that explains why the biggest Groundhog Day celebration is in Punxsutawney, Pennsylvania.
  ( ああ、だからグラウンドホッグデイの最大のお祝いがペンシルバニア州のパンクサトーニーで行われるんだ。)
JD: Oh yeah! That’s where the movie “Groundhog Day” takes place.
  (あ、そうだね!そこが映画「グラウンドホッグデイ」の舞台になっているね。)
Jake: Yeah, yeah. Wait, is it if the groundhog sees his shadow it’s an early spring?
  (うんうん。待って、グラウンドホッグが自分の影を見たら春の訪れが早いんだっけ?)
JD: No, it’s if the groundhog sees his shadow we have 6 more weeks of winter. But, if the groundhog doesn’t see his shadow, it’s an early spring. Which would you prefer, an early spring?
  (いや、グラウンドホッグが自分の影をみたら冬があと6週間続く。でもグラウンドホッグが自分の影を見なかったら春の訪れが早いんだ。君はどっちがいい?早い春?)
Jake and JD: MmmYEAHHHHH
  (そうだねー。)

グラウンドホッグが自分の影を見たら・・・?

グラウンドホッグは天気予報に使われているんですね。

If the groundhog sees his shadow
we have 6 more weeks of winter.
But, if the groundhog doesn’t see his shadow,
it’s an early spring.

グラウンドホッグが自分の影を見たら
あと6週間冬が続き、
見なければ早く春がくる

と、動画でもお話されていました。

日本でも、
ツバメが低く飛ぶと雨が降るとか
カエルが鳴くと次の日雨がふるかか
いいますよね。

春がくるかどうかを冬眠から目覚めた
地リスで占うとは、なかなか面白いなと思います。

ちなみに、リスって英語で何というか知ってますか?

リス=squirrel

発音の練習によさそうですね^^;
ちなみに、発音が難しいなと思ったら、
音節の区切りの良いところで
分解して、パーツに分けて練習する

いいですよ。

squirrel なら、「squir」と「rel」に分ける。

問題解決は、問題を分解すると速いですから♪
英語の発音も、分解してやってみましょう。


>四谷学院のすらすら話せる55段階式英会話

 

前の記事 » 
次の記事 » 

 

  動画付き 子ども英会話  

 

このページの先頭へ